FC2ブログ

偉人達の言葉、響きますね~

今、A YUMMY STUDY 伸学土台教室では「素読」という授業に力を入れています。

これは正しい姿勢で偉人達の言葉を大きな声で読む、それだけの授業なのです。

この学習法は江戸の末期に行われていた学習法で「教え込むのではなく、言葉を染みこませる事」を目的としており、その言葉から何を学ぶかは生徒の自由なのです。

響く言葉もあれば、何も感じない言葉もあります。

私は偉人の言葉を知る事と、偉人達の功績を知る事、その両方を知る事が大切だと思います。

そして、偉人達の生き方、言葉を知る事で「善い人間」へと自然と導いてくれるのです。

学問は本来「善い人間」を作るために行われたもので、「知識のある人間」を生み出すために行われていたわけではないのです。

今月、皆さんに紹介したい言葉は「二宮尊德の言葉」です。

おそらく、二宮金次郎と言った方が有名だと思いますが、学校に銅像があったあの人の言葉です。

道徳を忘れた経済は罪悪である。
経済を忘れた道徳は寝言である。

私は今の政治、世界情勢、教育の一言で真理をついた言葉だと感じています。

他にも私の尊敬する「坂本龍馬の言葉」にも素晴らしいものがたくさんあります。

わずかに他人より優れているというだけの知恵や知識が、この時勢に何になるか。
そういう頼りにならぬものにうぬぼれるだけで、それだけで歴然たる敗北者だ。

私は今の日本は幕末に似ていると感じています。

未来が混沌としていて、今までの常識が大きく変わり新しい常識や人種が生まれる時代ではないかと思います。

AIの登場や、情報ツールの発達は間違い無く新しい社会を作り出し今までの常識は恐らく非常識に変わると思います。

その時に坂本龍馬のような考え方が真実を教えてくれるように思います。

そのほかにも、新しい1万円札の「渋沢栄一の言葉」にも素晴らしいものがたくさんあります。

人は全て自主独立すべきものである。
自立の精神は人への思いやりと共に人生の根本を成すものである。

まさに「教育は自立のためにある」を理念にしているA YUMMY STUDY 伸学土台教室のための言葉だと感じました。

その渋沢栄一氏が日本の主要企業500社の設立・運営に関わっていたと聞き感動しました。

外国の方にも素晴らしい言葉を残した人はたくさん居ます。

私は特に好きなのはエイブラハム・リンカーンの言葉です。

あなたが転んでしまった事に関心はない。
そこから立ち上がる事に関心があるのだ。

これも私の教育理念をそのまま言葉にした素晴らしい言葉だと思います。

失敗しない事よりも、失敗から早く修正できる人間作りがとても重要だと感じています。

A YUMMY STUDY 伸学土台教室の国語部門では必ず毎週このような偉人達の言葉を素読し「真の教育」を行っています。

皆さんも良ければインターネットで無限に出てくる「偉人達の名言」を彼らの功績と共に読んで見ませんか?

昔に感じた懐かしい「何か」を感じられると思います。

もちろん、当教室の塾生達には「染み渡るまで素読」を実践して行きます。

小学生の教科書改訂、最悪と言って良いでしょう!

今年は小学校の教科書改訂が「大改訂」の年で、大きく内容が変わりました。

その中でも際立っているのが「速度」の単元が5年生に追加されたと言う事です。

速度の単元が重要である事は、周知の事実だと思います。

そして5年生が算数最大の山場である事も周知の事実だと思います。

ココでハッキリ言いますが、小学校の算数をちゃんと理解している生徒さんはほとんど居ません。

中学受験をする生徒さんですら、パターン学習に終始して、想像力や基礎理解を無視して先へ先へと進んでいるように思います。

その影響は「数学」ではなく、物理に出る事も知っておいて下さい。

理数系に進む一番のポイントは数学では無く、「物理」にある事も忘れないで下さい。

そして、小学校の先生のほとんどが「文系」であり、「数学」のツボや物理に必要な知識を意識せず指導していることも知っておいて下さい。

だから、算数を専門家に指導してもらう事が理数系教科を得意になる唯一の方法だと私は考えています。

4年生までは算数が出来たのに・・・と言う保護者に良く会いますが、正直言うと4年生までの基礎を理解していれば5年生で困る事はあり得ないのです。

つまり、5年生で躓いているというのは「4年生までの算数を理解していない」と言う事なのです。

そして、中学の数学を始めた時点で算数に弱点があると「数学が得意」になる事は有りません。

もう少し正確に言うと「算数に弱点がある生徒さん」が理数系で国公立に入る事はほぼないと言うことです。

コレは私の取ったデーターですが「独学」で算数を学んだ生徒さんが「中学数学」で苦労し、高校数学で開花するケースはあります。

しかし、理数系で勝負できない一番の理由は「算数」の理解が必要となる「物理」の壁を突破出来ないのです。

小学校の算数と中学数学はつながっており、中学数学と高校数学もつながっていますが、小学算数と高校数学のつながりはとても薄いのです。

しかし、算数と物理のつながりはとても深く、小学校で習う公式を物理で応用することも珍しくありません。

そしてその算数においてもっtも重要な時期「5年生」に速度の単元が追加されました。

これは塾に通っていない生徒さんにとって「最悪な結果」と言わざると得ません。

私が今まで見てきた限りでは、公文に行こうが学研に行こうがチャレンジをやっていようが「出来る子は出来る」が結論です。

しかし、普通の子は公文や学研、チャレンジや自宅で問題集をやった結果、「テクニックだけか基礎理解だけ」になってしまう事が多く、数学・物理で苦労する確率が相当高いのです。

私が今まで見てきた「勘違いしている子」のほとんどが、「問題を解く事」だけに終始して「テクニック」に目が行かないのです。

私は常々言っていますが「算数・数学は速度と正確性を競う教科」なのです。

速度に全く意識を置かず、遅いやり方で解いている生徒さんが「数学で開花する」確率は相当低いのです。

逆に進学塾に通う生徒さんは「テクニック」だけで基礎理解をしていないので、「応用問題」に対応出来ない子が多いのです。

少し考えれば分る事も「見たことないから分らない~」と平気で言います。

独学でやっても、パターン学習の教室に行ってもダメなのです。

算数はじっくり考え、思考力と基礎理解を駆使し「練り込む」事が一番重要です。

だからどこかの塾のように「アホみたいに量をさせる塾」も「アホみたいにプリントさせる教室」も本質を理解していないと言わざるを得ません。

算数・数学は思考力の基礎を築くのにとても重要です。

しかし、多くの保護者が「受験優先」や「学力が心配」という理由で「安易な前倒し」を選択し、本物の賢い子の芽を摘んでしまうのです。

毎回言いますが、塾は本当にちゃんと選んで下さい!

時代遅れのプリント学習や、商人と化した塾や、教育と保育をはき違えた個別指導も要りません!

今こそ本物の指導が必要な時です、この教科書改訂で馬鹿塾に騙される保護者がまた増加する結果になるのが本当に腹立たしいのです。

A YUMMY STUDY 伸学土台教室は数少ない「教育」を行える教室であり、勉強本来の楽しさを伝えられる教室なのです。

適当にプリントを早くやらせるだけの教室や友達が行っていると言う理由だけで「商人と化した塾」も本当に気を付けて下さい。

小学生に与える塾の影響は小さくありません!

分らなければ、メールや電話でご相談下さい。

実名で現実を正直に教えます!

A YUMMY STUDY 伸学土台教室は正直に真っ直ぐに正攻法で「教育」を行います!

塾選びのシーズン

おそらく一年間で最も塾や英会話教室など問い合わせの多い時期が今の時期です。

塾を移籍する人も多く、とにかくこの時期に問い合わせが少ないと一年間苦労すると言っても過言ではありません。

そして、塾を皆さん慎重に選んでおられますが、当然だと思います。

うちも含めてお月謝は決して安くないと思いますし、どこも聞こえの良い事を宣伝で書いていますが「実情は分らない」と考えておられると思います。

そこで宣伝も含めて、当教室の特徴と他の塾や英会話教室との比較を書いておきたいと思います。

まず教室選びの基準をハッキリさせておくことが重要だと思います。

例えば、英会話ならどうしてもネイティブの先生が良いとか、特性の強い子でも手厚くフォローして欲しいとか、ニーズがあると思うので簡単に言うと「ニーズに合っている」事がとても重要だと思います。

A YUMMY STUDY 伸学土台教室の英会話の特徴は、まずオールイングリッシュでもネイティブの先生でもありません、とにかく「英語に苦手意識を持って欲しくない!」「英語を好きになって欲しい!」「楽しいレッスンをして欲しい」というニーズにピッタリ当てはまると思います。

A YUMMY STUDY 伸学土台教室の卒業生は「中学校でも高校でも英語が得意で得点源になっている」が特徴です!

英語を好きになって、得意教科にしたいとお考えのご家庭にはピッタリです。

問題は塾部門の特徴です!

A YUMMY STUDY 伸学土台教室の塾部門の特徴は「誰もが伸びる塾など無い!何処でも伸びる子が居るだけだ!」です。

簡単に言うと、出来る子は誰が教えても出来るのです。

そして出来ない子は先生が必死になって指導して、保護者の方が最高の塾を探して来ても伸びにくいと言う事です。

だから多くの塾は優秀な子を獲得したいと思っていますし、勉強が苦手な子をターゲットにしている教室は「辞めさせない」を重要視して生徒さんに振り回されている教室がほとんどです。

A YUMMY STUDY 伸学土台教室は「誰が教えても伸びる子に作り替える」を特徴にしています。

つまり「出来る子」には共通項があり、その共通している能力を身に付けさせる事で意図的に「伸びる生徒」を作り上げることを目的に指導しています。

自身を持って言える事は普通塾で結果を出している子は「何処でも結果を出せる子」だと言う事です、家庭環境も含めてです。

だから、他の塾で結果を出している子は絶対A YUMMY STUDY 伸学土台教室でも結果を出す事は出来ます、しかしA YUMMY STUDY 伸学土台教室で能力を作り替えた子は他の教室では能力に変化は無く結果は出しにくいと思います。

もちろん、能力を作り替えた子はその後何処でも結果を出す事が出来ると思います。

最近また、当教室を辞めた生徒さんのその後を聞きましたが、やはり移った塾もすぐに辞めてしまったと聞き悲しくなりました。

私は全ての子が出来るようになると思いますが、ご家庭の協力が絶対に欠かせません。

まず塾を休まない事、宿題をやってくる事、質問に答えること、この三つだけです。

コレが出来れば、伸びない子はA YUMMY STUDY 伸学土台教室では居ません。

私はもう皆さんが詐欺のような学習教室に騙されて欲しくありませんし、変な教室に行くならA YUMMY STUDY 伸学土台教室に来て学んで欲しいのです。

おそらく一番まともな教育をしている学習教室だと思います。

A YUMMY STUDY 伸学土台教室は勉強だけを重要視していません。

A YUMMY STUDY 伸学土台教室は人間性を重視しています。

A YUMMY STUDY 伸学土台教室は学力よりも、学習能力を重要視しています。

A YUMMY STUDY 伸学土台教室は馬鹿みたいに量はさせません。

A YUMMY STUDY 伸学土台教室はウソみたいな高い料金はいただきません。

A YUMMY STUDY 伸学土台教室はお子さんの未来を左右する責任を考えています。

A YUMMY STUDY 伸学土台教室は必死に勉強しないと出来ない「小・中学生」を見たことがありません。

A YUMMY STUDY 伸学土台教室は勉強の重要性ではなく、楽しさを教えます。

A YUMMY STUDY 伸学土台教室は学校とご家庭と三位一体で結果を出したいと考えています。

私はA YUMMY STUDY 伸学土台教室が最高の学習教室であると自負しています。

スタッフには難しい要求や無茶を言いますが、みんな文句も言わず一生懸命指導してくれています。

皆さん一度A YUMMY STUDY 伸学土台教室に体験に来ませんか?

体験に来られた方のほとんどが「もっと早く知りたかった」とか「なんでもっと宣伝しないの?」と聞かれますが、もっと宣伝すれば馬鹿みたいな料金をいただく羽目になるんです。

A YUMMY STUDY 伸学土台教室は適正料金で今出来る最高の指導を行っています。

塾部門も英会話部門、そして作文部門も皆さんが納得出来る指導をさせていただいていると思います。

聞こえの良い事は言えません、正直がうちはモットーですから。

何処とは言いませんが、よくそんなウソが言えるな~と思う学習塾が多いのです。

皆さん騙されないで下さい、冷静に見て下さい。

本当の姿が見えてくるはずです。

今日のスッキリ!来た来た!究極のテーブルゲーム!

A YUMMY STUDY 伸学土台教室では、開業当初からボードゲームを推奨しております。

その中には日本一決定戦まで行われる「アルゴ」などは、塾として推奨している所も多くあります。

その他に世界大会も行われる「カタン」などは有名なゲームです、他にもたくさん楽しいボードゲームがあります。

クルードというゲームは世界大会も行われますし、かなりの頭の回転を必要とします。

アルゴ、クルードの素晴らしい所は「消去法」の凄さを実感させてくれる所です。

コレはテストで一番使える能力と言えると思います。

カタンと言うゲームの面白い所は「会話と駆け引き」が勝負を決める所です。

どのボードゲームも面白い上に、会話力・思考力・駆け引き・推測力、そしてツボをつかむ速さを要求されます。

だから、ボードゲームの上手な子は「賢い子」とイコールなのです。

皆さんは誰もが認める「究極のボードゲーム」をご存じですか?

誰に効いてもNo.1はコレだ!と言うのが「麻雀」です。

面白さ、思考力、駆け引き、コツ、何もかも全て麻雀が最高峰と言えるでしょう。

特に私が麻雀をお勧めする理由は「流れに乗る」を体感出来る事なのです。

私は割と仕事で結果を出してきた方だと思うのですが、どちらかというとどんくさい方で上司に可愛がられるタイプではありませんでした。

しかし、麻雀で体験した「流れに乗る」と言う事が得意だったのです。

簡単に言うと、言い流の時に一気にたたみかける事が得意だったのです。

麻雀は会話も大切な要素の一つですし、消去法を使わないと勝てないゲームなのです。

今日、スッキリで麻雀教室に通う小学生が激増していると報道していましたが当たり前のことだと思います。

麻雀はネットやTVゲーム、スマホで楽しむ事も出来ますが、一番はやはり人と卓を囲みわいわいと話しながらやることです。

人と卓を囲もうと思えば、予定が合わないと出来ませんし、賢くなる事間違い無しのゲームです。

皆さんも騙されたと思って麻雀をしてみて下さい。

予想以上に面白いですよ!

私も麻雀に身を助けられたことが何回あったか分りません。

ご希望の方は当教室で教える事も出来ますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

いい加減にしろ、偽教育業!

教育は考え方によって正解不正解が変わると私は思っています。

多くの方が「バランス」を重んじておられるのではないかと思っております。

つまり、勉強だけ出来るのではなく運動や友人関係、学校行事などにも積極的に参加し学生生活を謳歌した上で学力もそこそこにほしい・・・そんな方が多いのではないでしょうか?

勉強だけできれば後はどうでもいい・・・そんな考えの方は聞いたことがありません。

しかしながら、結局は何もかも犠牲にして手に入れる学力を選択する「学習塾」を選択してしまうのです。

なぜなのか?答えは「今の受験界の現実を知らない!」つまり、騙されている事が一番の原因です。

特に私が塾を営む伊丹市・尼崎市・川西市・宝塚市のエリアでは「東京大学」へ進学を志している人はほとんどいません。

しかし、東京大学を目指している生徒のように勉強させる塾へ通わせる人が多いことにびっくりしています。

身の丈に合った大学へ行くというのは、とても重要なことで「勉強外の物を犠牲にして手に入れた学力」は本当にやくっだつのでしょうか?

その子の「天賦の才」というものがあり、学校生活も謳歌し適正量の勉強で入学できる学校へ入学すべきなのです。

私は小学校から狂ったように計算問題をやらせる有名学習塾も、だれかれ構わず中学受験を推奨するK塾も、アホみたいに高い授業料を取る進学塾も本当に必要ですか???と聞きたいのです。

本当にアホみたいという表現がピッタリなほど授業料を取り、量をやらせ、アホみたいに塾で長時間勉強させるのです。

はっきり言いますが、そこまでやらないと入れない学校には入るべきではない。

勉強はあくまで「良い人間」になるためにあり「賢くなる」ために頑張るのです。

塾の講師の言うことを一生懸命覚えて、早い年齢から異常な努力をし学力をつけるからその後伸びないのです。

もちろん、そのやり方で伸びる子もいますがあくまで少数派で、ほとんどの子がつぶれていく事を塾の講師も受験を終えた父兄もみんな知っています。

どうすればいいのか・確かに今の社会を考えると勉強をおろそかにするのは勇気がいります。

しかし、勉強だけできてもしょうがないとわかっているのに、不健全な勉強法を推進する塾を選択する父兄が異常に多い今の状況は異常です。

私は小中学生は「学習能力を鍛える」べきであって、学力は二の次だと思っています。

誰もが伸びる塾や教え方など無いのです、あるとすればすべてを犠牲にし「能力」を必要としない公式とテクニックの暗記です。

だから「勉強のできるバカ」が横行する時代になってしまったのです、高学歴ニートって心からおかしいと思います。

ではどうするべきなのか?学習能力そのものを変えてしまうのです!!

勉強は教える側の能力よりも、教わる側の能力が重要なのです。

簡単に言うと「誰もが伸びる塾」など存在しませんが「どこでやっても伸びる子」は居るのです。

進学塾には「どこでやっても伸びる子」が多く集まるシステムを持っているだけで、教育やカリキュラムが優秀な訳ではありません。

進学塾へ行けば「できるようになる」と勘違いしている方が非常に多く、進学塾には優秀な子が通っているだけで結果は大きく変わりません。

しかし、それでは塾へ通う意味がありません・・・だから私は塾経営に打って出るときに「その子の能力そのものを変える塾」を作ると決めたのです。

学力よりも学習能力を!知識よりも知恵を!賢さよりも強さを鍛える教室を作りました。

私たちが子供達に関われるのは、18歳までです。

確かに、卒業後アルバイトに来てくれる生徒さんも居て、その子たちとはもう少し長く関わることが出来ますがそれでも大学卒業後は関わることはできません。

社会で活躍できる能力、例えば初めてやる事に飛び込む勇気、教わった事を習得する速さ、諸先輩方に可愛がっていただく人間性、気持ちのいい挨拶・礼儀・姿勢。

そういったものを勉強を通じて教える事を目的とした塾なのです。

勉強ができても、勇気や速さ、人間性などは身に付きません。

しかし、勇気・速さ・人間性・挨拶・礼儀・姿勢があれば勉強は簡単にできるようになるのです、しかもバランスよく。

能力そのものを向上させる、この方法以外「正しい教育法」は無いのです!

がりがり勉強させて合格させる・・・もう古い!個別指導ももう古い!

今は子供の能力そのものを向上させるプログラムを有するA YUMMY STUDY 伸学土台教室が最先端だと私は断言します。

卒業生たちが実績で証明してくれていますし、賢い子たちも続々と育っています。

教育とは「人間つくり」であり「学力指導」ではありません!

学校も塾も学習教室もみんな勘違いしています!

だからA YUMMY STUDY 伸学土台教室がやるしかないのです!
プロフィール

KAZ

Author:KAZ
学習教室を10年以上運営し、解った事と訴えたい事を遠慮なく書かせていただきます。あくまで私見ですので、気分を害される方は見ない事をお勧めします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR