FC2ブログ

みんなのサマセミ、上手く行ったと思います

今日、尼崎城の横にある琴ノ浦高校で13時から「親が教える算数のコツ」というお題目で講義をさせていただきました。

昨年は昔はプロのスピーカーとして飯を食っていたと言うおごりから余り準備もせず、自分自身悔いの残る内容だったのですが、今年はご参加下さった方々が非常に協力的で上手く話が出来たような気がします。

しかし、話し手と聞き手では印象が違うというのはよくある話で実際お聞きになられた方の感想を聞かないとわかりません。

本来、親子指導には地獄しか待っていないという怖い原稿を書いていたのですが、どうせなら実戦で使えるテクニックもいくつかご紹介させていただきました。

根本的には「子供は放置する」、「教育は自立である」という当教室の理念をご説明させていただきながら、実際の声かけの方法や指導ポイントを軽くせつめいさせていただきました。

ただ、最近講演形式の授業を行っていなかったので、時間配分を間違え、最後に皆さんのご協力でとても話しやすかったとお伝えするのを忘れてしまい大失態でした。

皆さんが優しい反応をして下さったから、話もスムーズに進んだと言う事、そして子供達の授業も全く同じで何も話さない、反応が悪い生徒さんはやはり授業をしにくいのは現実です。

今日は本当に良いリアクションをして下さる方ばかりでとてもやりやすかったです。

奥さんとも話を良くするのですが、皆さん大体は当教室の理念や考え方に賛同して下さいます。

しかし、実際に我が子を指導するとなるとついつい・・・という感触をよく受けます。

当教室の理念や信念を理想論だと言う塾関係者もいますが、私はそうは思いません。

人は理想を失ってはいけませんし、我々が言っていることは理想論では無く「凡人」が社会で大活躍し人生を自分の力で切り開いていく唯一の方法だと確信しています。

最後に重い話をさせて下さい。

私は前々から昭和40年代の我々が日本をダメにしていると確信しています。

私は今の日本は異常だと心から思っています。

日本は資源も無く、国際的に難しい立場に立たされています。

第二次世界大戦に敗戦し、本来発展する事は難しい状況にありながら我々の親の世代が正に「死ぬ気」で働き、日本の未来のために血と汗を流してきたのです。

しかし、そのおかげで我々昭和40年代の人間は生まれたときから「豊かな国・日本」で育ちました。

真面目に勉強し、会社に勤め、家庭を持ち、余暇を楽しむ・・・本当にこんな時代がいつまでも続くのでしょうか?

私は昔、山一証券が倒産したときに衝撃を受けました。

当時、日本には世界に誇る大企業がたくさんあり、その会社は日本に多くの仕事とキャッシュフローを与えてくれたのです。

あの当時、まさかシャープが買収されるとか、東芝が倒産に追い込まれると予想できませんでしたし、日本はいつまでも世界の中で先進国として発展し続けるものだと思い込んでいました。

本当にまだまだ日本は豊かなままで居られるのでしょうか?

私には分りませんし、おそらく無理だと思います。

根拠は日本人の最大の売りである「生産の質」が落ちてきているからです。

日本は元々末端社員と言われる「最下層」の社員でも、基本的教育が出来ていて一言でいうと「労働者の質が高い」という武器を持っていたのです。

その上日本人はハングリーで真面目、よく働く民族だったのです。

その結果世界に誇る大企業がたくさん生まれました。

しかし、今の日本はどうでしょう?

教育は崩壊しかけていて、ハングリーさのかけらも無い若者が多く、残業が多い企業をブラック企業と呼び、労働の意味も喜びも無くしてしまっているように私は感じています。

でもいずれ第二の松下幸之助、本田宗一郎、豊田喜一郎、稲森和夫が出てくるのです。

彼らを支える優秀な人材を作っておきたい。

それが私の夢であり野望なのです。

私にも子供がいます。

彼らに少しでも良い社会にして渡したい、その思い出いっぱいなのです。

本当に勉強が出来れば良いのでしょうか?

自立していない社会人が多く輩出される事は日本の危機につながらないのでしょうか?

日本人は社会性や協調性に優れた人間が多く、言わば「団体戦」が得意なのではないでしょうか?

忍耐強く、難しい状況を乗り切る強さを持った日本人で無ければこれからの国際社会生き残っていけないのではないでしょうか?

私はどうしても、勉強だけ出来る子が日本の未来を明るくするとは思えません。

日本人本来の魅力を持つ「寡黙」であっても「芯の強さ」を持ち、規則を守り周りに迷惑をかけない人間性を持つべきなのではないでしょうか?

私は皆さんにもう一度考えていただきたいのです。

勉強も大切ですが、人間性や心を育て、幼い心を躾る事も教育なのでは無いでしょうか?

我々塾は「教育業界」に属しておりますが「勉強指導業界」に属してはおりません。

私は今の塾業界や教育業に携わる人達をやはり好きになれません。

確かに我々は商売として「塾」を経営しております。

しかし、指導者とは「職業」ではなく、「生き様」なのです。

子供達に何かを指導するとはそれほど重いことであり、日本の未来を作るその一部を担っている自覚が必要だと思っています。

間違いを犯すこともあるかも知れません。

しかしそれでも日本の未来を切り開く優秀な人材をたくさん輩出したい!その思いは何も変わりません。

事なかれ主義の教育者もどき、勉強だけを指導する指導者もどき、あきらめと妥協で生徒のご機嫌伺いをしている営業講師はもう見たくないのです。

少子化で何処の塾も苦しいのは分ります。

だからと言って、教育の質は落とすべきではありませんし、聞いてびっくりの教室でお金の為に指導している先生達も早く目を覚まして欲しいと思っています。

今日のサマセミでここまで話を出来れば100点だったのに・・・

そう後悔してこの文章を書いています。

今日ご参加いただいた皆様ありがとうございました。

皆様のご協力をいただき非常に話しやすい状況で授業が出来ました!

ありがとうございました。

子供を賢くしたいとは思ってないのかな?

今年の夏期講習の一週目が終り、色々と思うことがあります。

まず学校側から宿題として渡されているテキストですが、答えをもらっていない学校がある事に本当に驚きました。

自分の出した解答が合っているのか間違っているのか分らないまま、一冊の問題集を終え、一夏を超える・・・その勉強法は合っていますか?

また、学校側の手作りの問題集の答えが間違っていることもありました、それも結構な頻度で間違っていました。

私は小学生を指導する上で、ミスを少なくすることを重視して指導しております。

この観点から言いますと、答えが間違っているとか答えを渡さないとかはあり得ない事だと考えています。

我々は夏期講習として子供達の答え合わせをしておりますし、そもそも職業として勉強指導しておりますので答えが間違っているとか答えが無くても正解か間違いかを指導出来ます。

しかし、お仕事をしながら忙しい中子供にちゃんと勉強させたいと思っている保護者の方が答えの無い宿題を子供がちゃんとやっているかをどのようにチェックするのでしょうか?

答えが間違っている場合、一々計算したり調べたりしないといけないのでしょうか?

私は今の小学校の指導が子供達を本当に賢くしたいとか、学力を付けてあげたいとか思っていないとしか思えないのです。

そもそも、答えがあろうが無かろうがやる子はやりますし、やらない子はやらないのです。

そして、やらない子に対して「パワハラ」や「体罰」、「暴言」の問題がある以上、先生は厳しく追及し指導する事も出来ません。

こんな状況下で先生に子供をお任せしても私はダメだと思います。

勘違いしないでいただきたいのは、今の状況下で先生に任せない方が良いと言っているのであって「先生」がダメだとは行っていません。

おそらく、よほど人間力が高く、知恵も知識も豊富で、根回しの上手い政治力のある人間で無ければ今の学校の体制の中でまともな教育は出来ないと思います。

今の学校教育で本当に良い人間になると皆さんは思いますか?

私は思いません!

今は各ご家庭で「躾」の部分や「自己防衛」を身に付け、モラルや道徳という「感覚」を教えていかないと子供はまともな大人になりにくいと思います。

私はあえて危険な発言をしますが、今の学校や教育の体制を作ったのは「世論」であり、世論とは我々の多数派の意見なのです。

しかし多くの父兄が今の教育はおかしいとか、今の日本は間違っていると感じて居るのに「世論」に対して「沈黙」を守っているのです。

子供は日本の未来そのものであり、教育は日本の未来を作る一番大切な要素なのです。

教育を変えたいと思いますが、皆さんに声を上げてもらわないともうどうにもならない状況になりつつあるのです。

トライ・・・怖い・・・

今、盛んにTVCMしている「トライさん」、怖いと思います。

まず、あれだけTVCMを打てるのは規模が大きいからと言う理由も分ります。

それにしてもCM料って莫大にかかるのは皆さんもご存じだと思います。

そのCM料ってどっから出てきているのか、ご存じですか?

トライに通っている生徒さんの授業料からまかなわれていることを絶対に忘れないで下さい。

夏期講習も120分×4回無料で行うというCMを今初めて見ましたが、恐ろしいくらいの経費がかかると思います。

それをやってもやっているだけの授業料をいただいているのですね・・・恐ろしい。

よくある無料の模試も、無料だからと言って気軽に受けて、思わぬ悪い点数を見せられ脅され入会・・・そのまま通い続けることで今度は無料の模試代を負担する側に回る。

よく出来た仕組みです。

無料のサービスを行っている事業所は、お客さんからその費用をいただいているので無料サービスが出来るのです。

つまり、無料の講習・無料の模試・無料の授業!全部「うちは入会したら授業料めっちゃ高いで!」と宣言している様なものです。

その事にまず気付いて下さい。

私の知る有名塾、浜学園・希学園・日能研等などTVCMしないでしょ?

それだけ無駄な月謝を取っていないとも言えます。

TVCMを打てる余力のある塾は色々と高い!これは間違いありません。

昔の人はよく言いました、無料ほど怖いものはない。

その通りです。

消費者の我々がもう少し賢くならないと、悪徳業者は無くなりませんね。

TVCMしている学習教室や塾は悪徳業者なのか!と言う人がいると思いますので先に答えておきますね。

はい!その通りです。

良ければ会社の数字ちゃんと見ていただければ判ります。

教育はビジネスには成れないのです。

その事をまず理解すべきですね。

教育は職業では無く「生き様」です。

今年も夏期講習やります!小学生は宿題・中学生は弱点補強、中3は受験準備です!

私が学習教室を運営していて一番困る事は「良い教材」を皆さん知らなさすぎると言う事です。

何より、悪い教材に手を出す保護者の方が多すぎると言う悩みもあります。

お子さんに勉強が出来るようになって欲しいという願いは誰もが持っていると思いますが、だからといって訳の分らん教材を買う人がとても多くてびっくりします。

そしてどんな教材にも「正しい使い方」があり、使い方を間違えると最悪の教材になります。

その代表例が「チャレンジ」です。

この教材の恐ろしい所は「賢い子をバカにする」機能が満載だと言う事です。

チャレンジには色んなヒントが載っていて、そのヒントをしっかりと隅々まで読めば理解も深まり良い教材と言えます。

しかし、大概の賢い子は何処に答えにつながるヒントが書いているかを見抜き思考力を全く使う事無く答えを当てていくのです・・・その結果、5年生の途中まではよく出来たのに・・・なんてことになります。

何よりチャレンジは伊丹・尼崎・川西の生徒さんには向いていません!

授業よりもかなり早く項目が進んでいくからです。

結果的にヒントを読む事になるのですが、習っていないことをやるのが極点に苦手な子が多いので答えを当てる作業になっていきます。

さらに私が最悪の教材と呼んでいるのが「Z会」の教材です。

この教材をやっていた子で進学塾に通っている子以外で落ちこぼれ以外見たことがありません!

Z会の教材はハッキリ言って難しすぎるのです!

だから、論理的に考える事を諦めてしまう子が多く、私が見た多くの生徒さんは判ったふりをする最悪の状態の子がほとんどです。

そしてその後Z会を辞めて、勉強が出来るようになった子もたくさんいますが、Z会は役に立っていない事は明白です。

要するに、レベルに合った教材が最適なのです!

レベルに合ったもの、ちょっと考えないと判らないがちゃんと考えれば分るものが最高の教材なのです。

まさにそれが夏休みの宿題なのです。

しかし、この宿題を「早く終わらせなさい!」と訳も分らず、早く終わらせることが最高の方法だと勘違いしている保護者の方がほとんどです。

丸付けをして、間違えた所の答えを赤で写して、判った気になっていますが何も学んでいません。

間違えた所はちゃんと正しい答えと解き方を教えてもらい、後日やり直すというのが正しい宿題のやり方なのです。

そして計画的に進めて行く事が大切で、夏休みが始まって3~4日で「宿題終わった!」と自慢げに話し、レベルに合っていないドリルやテキスト、ひどい場合漢字の書き取りを勉強と称してやっている子もいます。

こんな勉強をしていて「勉強が好き」とか「得意だ!」という子が出来るはずがありません。

夏休みの宿題は小学生にとって最高の教材です!

この教材を適当に早く終わらせているから、後に学力が問題になるのです。

夏休みの宿題をちゃんと考えてやるだけで、復習は100点満点です!

特に5~6年生はしっかりとやるべきだと思います。

中学生に関しても、夏休みは遊びたくなりますが遅れを取り戻す最後のチャンスと言って良いと思います。

1・2年生に関しては、一学期に遅れが出ている場合、夏休みで挽回してないと二学期以降さらにしんどくなることは間違いありません。

遅れはドンドン酷くなり、追いつくことが不可能になりかねません。

3年生はこの夏休みに勉強をしっかり時間を決めてやる事が一番大切です。

部活が終り、遊ぼうと思えば相手も場所も体力も十分にあるので、一気に遅れを取ることになります。

この夏休みに一気に勉強モードに入らないと「手遅れになること間違い無し」です。

何故なら、夏休み明けに、課題テスト・中間テスト・実力テスト・期末テスト・市内統一の実力テスト、テストラッシュになり、まともな勉強は出来ません。

テスト対策でアップアップになり、バタバタしている間に年末から受験になり「もう何をどうして良いか判らない」という状態になります。

つまりどの生徒さんにとっても「夏休み」はどう過ごすかがとても大切なのです。

もちろん、しっかり思い出作りに遊ぶこともとても大切です!

だからA YUMMY STUDY 伸学土台教室の夏期講習はアホみたいに朝から晩まで弁当持ちで勉強漬けみたいな事はしません。

今しておくべき最低限の事だけをしっかりやっておくのです。

A YUMMY STUDY 伸学土台教室の名物夏期講習、皆さんもご参加下さい!

今年もみんなのサマーセミナーで講義を一つ担当させていただきます!

8月4日の日曜日、琴ノ浦高校2F、3-1教室で「親子で教える算数のコツ」という題名で講義をさせていただきます。

表の題名は「親子で教える算数のコツ」ですが、実際の中身は「地獄の親子指導」という題名です。

親子で勉強を指導する事がいかに労力の無駄で、非効率的なやり方で子供が成長する可能性を潰しているか?を論理的に説明させていただきます。

子供に対して一体どのような声かけや指導が正しいのか?

その場面や局面だけを見ていると答えや考え方はたくさんあるように思うのですが、実は長い目で判断すると答えは一つしかないのです。

特に我々の時代と違い、受験戦争等という言葉を聞かなくなった今「人より先んじて勉強する意味」は薄れてきています。

もっと正しい言い方をするなら、中途半端な先取りが一番最悪な結果を生むという話です。

お時間がある方は是非起こし下さい。

私は本当の話しかしません。
プロフィール

KAZ

Author:KAZ
学習教室を10年以上運営し、解った事と訴えたい事を遠慮なく書かせていただきます。あくまで私見ですので、気分を害される方は見ない事をお勧めします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR