今回の定期テスト対策、成功?失敗?

今回行われた定期試験は教室として初めて理科社会に力を入れてみました。

しかし、理科と社会の専門講師の先生はいないので、勉強法を指導するだけだったのですが成果はあったように思います。

大きく理科社会で躍進した生徒も少なくありませんし、理科社会は当教室として苦手な生徒が多かったのでやれば出来ると皆分かってくれたと思います。

ただ、反動で指導教科である数学・英語・国語の結果が今ひとつだった事が反省材料だったと思います。

今回の理科・社会で正しいヤリかとすれば簡単に得点できる教科だと実感できたと思うので、次回は指導教科である数学・英語・国語の大幅得点アップを狙い指導をしたいと思います。

理科・社会は全く積み上げが必要なく、やればいつからでも上がる教科と言えると思います。

特に中学生はやればすぐに上がる教科であると皆実感しておりました。

理科と社会が苦手な生徒さんは、やっていないかやり方を間違えているかのどちらかです!

数学と英語、国語に関しては積み上げの教科なので今までの地道な勉強が成果につながる教科です。

そして、理科・社会に関しては簡単に上がるという事はサボればすぐに下がります・・・

その逆が数学・英語・国語です。

一度力をつけてしまえば、簡単には成績も下がらない教科です。

そして、当教室は英語・数学・国語の専門教室なので次回のテスト対策の方がよほど簡単と言えると思います!

夏休みの過ごし方!

もうすぐ夏休み!

家族でお出かけしたり、里帰りをしたり楽しい予定がたくさんあると思います。

また、我が家のように夏休みとかお盆とか関係なくひたすら両親は仕事、子供は部活という家もあると思います。

夏休みといえば宿題です!これが私に毎年大きな疑問を投げかけてきます。

まずは答え合わせを各家庭でするという事、そしてその回答に間違いが毎年結構な確率で見つかる事です。

我々は学習教室で指導しているので、間違いに気付く事が出来ますが、お忙しい保護者の方がちょっと空いた時間に答え合わせをして的確に間違いに気付くことが出来るのか?非常に疑問です。

もう一つは、宿題を終わらせる事のみが目的となって、やっつけ作業で夏休みの宿題を終わらせてしまうことです。

せっかく学校授業で習った重要項目を抜粋し、良い問題をチョイスして作ってくれた問題なのにやっつけ作業で終わらせるのは大変もったいない事です。

挙げ句には、宿題をやっつけ作業で終わらせた挙げ句、市販の問題集を買ってやらせる家庭も珍しくありません・・・お金と時間の無駄です!

ちゃんと夏休みの宿題を計画的に進めるべきです!

毎日の学習週間をつけることがとても大切で、自己管理が出来る様にするにはぴったりの課題が夏休みの宿題なのです。

特に我々塾講師がみれば、ちゃんと考えてやったのか、適当にやったのかすぐに分かります。

毎日コツコツと適度な時間をかけてやるのが一番良いのです。

夏休みが始まってすぐにやっつけ作業で終わらせた宿題に何の意味があるのか?もう一度考えて見ませんか?

どうせやるなら、学力に転化させ弱点を克服し二学期からの学校授業を楽に受けられるようにしましょう。

夏休みの宿題は何かの罰として与えられた作業ではなく、それまでの授業の復習をするための学習教材なのです。

その夏休みの宿題を何も学ばずに終わらせるのはとてももったいない事だと私は思います。

お忙しいご家庭には当教室の夏期講習も用意しておりますが、まずはご家庭でちゃんと計画的に少しずつ宿題を考えてやらせて見てはいかがでしょうか?

ちなみに算数に関しては、小学生の時にいくら頑張っても、基礎以外は中学ではほとんど役には立ちません・・・

簡単に言うと、算数は陸上で数学はサッカーなのです。

小学生の時に陸上をやる事で、体力作りと無駄の無い走りを学びサッカーを有利に展開出来るのです。

中学受験を考えているご家庭は専門的に算数をしなくてはいけません!

これは小学校で習う算数の延長線上にありますが、その先に数学とつながってはいません。

中学受験を考えていないご家庭では、宿題をちゃんと考えて進めて行けば後はしっかり遊ぶだけで良いのです。

前から提唱しておりますが、学力は経験と雑学の上に成り立っている物なのです。

だから、学力の土台となっているのは、趣味で得た知識だったり、遊びで得た経験だったり、スポーツを通じて得た実感だったりするのです。

夏休みはそこをしっかり鍛えるのも需要なのです!

最低限の学習は手を抜かずしっかりやる!その後はめいっぱい遊ぶ!

そうすれば必ず子供は賢くなり、勉強で困ることもありません!

夏休みに遊んでばかりでもダメ、勉強ばかりしているのももっとダメです。

ただし、受験生は別です!

中学受験、高校受験を控えている生徒さんはしっかり勉強しましょう!

その代わり、中学受験をすれば中高一貫校に入る事が出来るので、公立へ進んだ子達が高校受験に奔走している中しっかり遊べば良いんです!

高校受験をする生徒さんは大半が初めて受験ですので、夏休みでギアチェンジするのがベストです。

夏が一番重要だと塾関係者は言いますが、これは本当です。

だたし、塾関係者が言うように勉強ばっかりしていてもダメなんですが・・・

最低限の勉強は手を抜かずやる!後はしっかりそしてめいっぱい遊ぶ!

これが夏休み急成長するための秘訣です!

教育・勉強=学力=点数・受験の合否・・・無意味です!!

子供の頃誰もが一度は感じた、何故勉強しないといけないのか?という疑問にちゃんと答えられる人が何人いるでしょうか?
もちろん私がちゃんと回答出来ているとは思いませんが、自分なりの答えは持っています。

以前、ある保護者の方が自分の子供に向かって「勉強しないとどうなるの?」と質問し、子供は「仕事がもらえない~」と回答しているのをみて、驚きました。
そしてたたみかけるようにその保護者の方は「勉強が出来ないと、就職が出来ないから、のたれ死ぬしか無くなるのよ!」と子供に言っているので驚きを通り超して恐怖を感じました。
勉強は就職のためにするのでしょうか?
絶対に違います!

勉強は何のためにするのか?
それは思考力を付け、知識を増やし、見方を多面的にするためにあるのです!
それは決してテストで点数を取るためのトレーニングでは無く、人生を生き抜く助けになる物で無いといけないのです。
国語力は人の気持ちや思考を探る事を鍛え、要約力や表現力を鍛えます。
理科は実社会で必要な基礎知識の多くを学びます。
社会では歴史を勉強することによって、未来を予測できる力や現在が未来を作り出している事を学びます。
英語では、文化の違いや文法の違いを学びグローバルに活躍したいと感じた時の基礎を学びます。
数学では問題解決の糸口を見つける方法や、論理的な思考を鍛えます。
これらを身につけることで、人生の荒波を乗り切る知恵や思考力、営業力を身につけていくのです。

ところが、日本の学校という所は知恵を詰め込むばかりで、その知恵や知識を応用する時間的余裕が無いのです。
中学受験の指導では、塾は公式やテクニックばかりを暗記させ、思考力をいかに使わずに問題を解くかに挑戦しているようにも見えます。
恋人に振られた時や、会社を解雇になったとき、人間関係がこじれた時に「公式」は無いのです。
今までの経験と知恵・知識をフル活用し、その局面を乗り切らなければならないのです。
果たして、公式ばかり暗記している子供達ができるのでしょうか・・・私は非常に疑問です。

一つの兆候として、何でも理解してからで無いと行動出来ない子供達が急増しています。
分っている事でもいちいち確認しないと行動に移せないのです・・・
一番恐ろしいのは、その子達は学校で優秀な生徒という評価を受けているのです。
自己判断が出来ず、間違う事を極端に恐れ、知識の豊富さ=頭の良さと勘違いしているのです。

私はその子達が人生で一度も挫折する事無く人生を全うするか、子供のうちに大きな挫折を乗り越え真の強さを身につけることを願っています。
全て先行して知識を与えられ、大人の言うことをそつなくこなし、知らない事は教えてもらってから取り組む。
本当にそれで面白いのでしょうか?
本当に人生の荒波を乗り切れるのでしょうか?

出来ない事が出来るから人は成長するのです。
教えられた事が出来る・・・つまりプログラミングされた事を実行できるのはCPUでも出来ます。
人にしか出来ない事が出来るから社会から必要とされるのです。
私はテストで点数を取る事に特化した勉強を推奨する気にはとてもなれません・・・

算数や数学本来の思考力を鍛える問題の解き方、国語では要約力と表現力を真の国語力として鍛えて、社会と理科に関しては総合的な雑学知識との総合知識として指導しています。
勉強が出来なくても就職している人はたくさんいます!
むしろ、勉強しかしてこなかった人達の方が就職困っていると思います。
偏差値が低くても、思考力があれば人生は乗り切れます!
思考力を鍛える方法論の一つが勉強なのです。

野球でもサッカーでもピアノでも水泳でも、体操でも相撲でも何でも良いのです。
まじめに取り組めば、思考力は鍛えられるのです。

何故勉強しないといけないのか?
私はいつも伝えています。
思考力を鍛え、賢くなるためにするのだと・・・だから公式を多用したり、パターンで解いたり、意味も無く量をこなす勉強法は無意味だと断言するのです。
受験に合格するためには、多少点数にこだわった勉強も必要ですが受験前だけで十分です。
勉強の意味をもう一度考え、勉強法を見直して見ませんか?
勉強だけ必死に頑張っても、限界がすぐに来ます。
何故なら、学力はそこの持つ経験と雑学の上に成り立つ物だからです!
雑学と経験が学力の土台なのです!
その事に早く気付いてほしいのです。

中学1年生、初めての定期テスト!ここが一番大事です!!

中学1年生にとって初めての定期テスト!

もちろん当教室でもテスト対策を始めておりますが、この初めてのテストが一番大事なのです。

何が大事かと言いますと、しっかり勉強したという実感を本人が持つ事です。

ハッキリ言いますが一回目の定期テストは全く勉強しなくても、400点前後はとれるはずです。

初めての定期テストで300点前後の場合はテスト対策うんぬんでは無く、小学校の勉強が理解出来ていないのですぐに対策をした方が良いでしょう。

小学校の時に普通に勉強していれば、400点前後はとれるはずです・・・勉強しなくても!ここが問題なのです。

大して勉強もしていないのに、400点前後を取った生徒さんがその後いつテスト対策に真剣に取り組むようになりますか?

答えは立ち直れない位の点数を取ったときです・・・後は落ちていく速度を緩めるのが精一杯なんてよくある話です。

しかし、初めての定期テストで要領も判らないまま一生懸命やった子は「やれば結果は出るんだ!」と感じます。

この感覚を持った子が毎回テストは勉強して望むのが当たり前になるのです。

私の見た生徒さんでも、初めてのテスト休みに家族でディズニーランドに行き、結果400点弱の点数を取った生徒さんがいました。

後はドンドン下がっていくだけ・・・本当に立ち直るきっかけも無いまま中学生活を終えました。

初めてのテストで中途半端に得点出来ただけに、その後のテスト対策も全くしないまま成績は急降下・・・まずいと感じた時には時すでに遅しでした。

そんな例はたくさんあります。

初めての定期テスト!ここが中学一回目の分岐点です。

やってもやらなくても点数はとれるんです、だから頑張ったという実感を持たせることが良い習慣を身につけさせるのです。

成績が落ちてから頑張ろうとするから、しんどい思いをするのです。

一回目の定期テストは勉強するのが当たり前という空気を保護者の方と周りが作る事が重要です。

教育語り場プラス、開催します!是非ご参加下さい。

定期的に行われている「教育語り場」にご参加いただいているOBの父兄さんから、今だから分かる事がたくさんある。
そして、今知っていることを当時知りたかった・・・と聞き、今教室に通っている父兄の方々に語っていただきたいとお願いいたしました。
学校生活の現実や中学受験や高校受験、英会話教室に通ったメリット・デメリットなど全て正直にお話いただきます。
特に受験の時に悩んだ塾選び等リアルな回答が期待出来ます。

2年前まで市立伊丹高校の進路指導担当だった畑井先生にもご参加いただき、高校生活の現実についても語っていただきます。
高校受験のその後大学受験や社会人になってから等、引退した先生だからこそ言える話も出てくると思います。
父兄代表として、公立校から高校受験を兄弟共に選択された方と兄妹共に中学受験を選択された父兄の方に来ていただきます。
後は公立校から進学校といわれる高校へ進学した父兄の方にも現在参加依頼をしております。

ちょっと先を行っておられる保護者の方のリアルな話が一番参考になると考えて今回の企画を思いつきました。
我が家も中学や高校へ子供が進学してから分かった事がたくさんあります。
入学前に知っておきたかった・・・小学校・中学校・高校と常に節目で思います。

質疑応答の時間も取らせていただきますので、是非皆さまの参加をお待ちしております。
私は以前から、塾業界が流す噂を真に受けないでほしいと訴え続けてきましたが、情報が無ければ不安になるのも事実です。
考えて見れば、私も塾業界の人間なので父兄の方に語っていただく事が一番という結論に至りました。
今、一番気になる事を父兄の方にぶつけてみて下さい。
おそらくすっきりできると思います!
プロフィール

KAZ1117

Author:KAZ1117
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR