FC2ブログ

A YUMMY STUDY 伸学土台教室の卒業生の模試結果です。



前にも書きましたが、数年塾を経営していればこのような結果を出してくれる生徒は出てくるのです。

学力の到達レベルは東大・京大の合格レベルです。

もちろん理数系です。

大学受験で理数系で勝負できるだけの数学を指導出来ていない塾が余りにも多い事が気になります。

丁寧な説明や、優しい指導でこのような成績が取れる生徒さんは育ちません。

まず、自立をさせ、思考力を鍛え、自尊心を育て上げれば誰だってこうなる可能性は大きいのです。

生活態度や勉強に対する姿勢や、積極性や自己管理能力の欠如・・・そういうものを置き去りにして、勉強が得意になる確率は相当低いのです。

今は少子化でレベルが下がってきている事は事実です。

それでも、人間力が必要な事は変わりません。

まず自立した強い子に育てる、次に賢くなるように導く、最後は勇気を持って行動出来る心を鍛えるのです。

間違いを恐れていては、強くもかしこくも成れません。

全てが中途半端に終わるはずです。

私は今後も理数系に強い生徒さんを次々に育て、有名大学へ次々と生徒さんを送り込むつもりです。

そして当教室の生徒さんを有名大学で学んだことを社会で活用できる人間力高い生徒さんに育てて行きます。

勉強を最優先にしなくても、人間力が高ければ受験を突破するのは簡単なのです!

勉強を最優先にした場合、社会の苦難をなかなか突破出来ないのです。

その事は間違いありません。

受験は人間力を育てる最大のチャンスなのです!!

5Daysプランを始めます!

A YUMMY STUDY 伸学土台教室の教育理念は「教育は自立のためにある!」です。

そして学力はやることをちゃんとやっていれば、絶対出来るようになるのです。

しかし出来るようにならない生徒さんが居る事もまた事実です。

一体何故なのか?答えは簡単で、宿題を適当にやっているとか、簡単に休んでしまうとか、周りに居る大人の手出し口出しが凄いとか・・・色々と原因はありますが、一言で言うと環境がとても需要です。

我々が週に一回・二回60分程度、いくら自立に向けた指導を行ったところで、学校やその他色んな所で手出し口出しをされていればなかなか自立へは向かってくれません。

そこで、まず学校の宿題を考えて自力でやる、そして学習習慣を付けると言う部分を指導出来るように「5Days」プランをスタートします。

このプランは学校から直行で塾へ来てもらい、学校の宿題を塾でやるというやり方です。

それは月曜日~金曜日まで平日毎日行います、しかもそこから習い事へ行ったり、ご両親が帰ってくるまでボードゲームで遊んだり出来る環境です。

うちの家も最初児童クラブを利用していましたが、とにかく児童クラブの宿題指導がろくな者では無い事、質が良くないことを理由に利用をやめました。

子供が楽しく通えて、安心して宿題指導や管理を任せることが出来る「居場所」を作りたいと考え、5Daysプランをスタートする事にしました。

子供達が成長し、勉強を楽しむ事が出来て、ご両親が安心して任せられる「居場所」として、5Days をやります!

料金は基本、月~金の利用で25000円です。

時間は15時過ぎ(学校が終り次第)~19時までです。

オプションで塾としての算数指導・作文指導など1教科+3000円/月で週一回指導する事も出来ます。
※5Daysプランと平行利用の場合のみ※

詳しくは事務局までお問い合わせください。

毎年同じ事を書いて恐縮ですが、コレしかありません・・・

学習教室を運営していて思う事、それは「誰もが伸びる塾など存在しない!何処でも伸びる子が居るだけ」なのです。

当教室が要求する事は二つ、ちゃんと休まずに塾へ来ること、宿題をやってくること、この二点が出来ていれば絶対出来るようになります!

しかし、思うように伸びずに悩んでいる生徒さんは絶対にすぐに休んだり、宿題をやっていなかったりします。

そして私が思う「最悪のケース」もあります。

それは「頭の良い子を潰す指導」が横行している事です。

多くの個別指導に見られるケースですが「先生よりも生徒さんの思考力が高い」場合に良く起こるケースです。

ここでハッキリさせておきたいのは「勉強が出来る事と思考力が高い事は全く違う」と言う事です。

言われたことを何の疑問も持たずに暗記したり、実行出来たりする生徒さんが思考力が高いわけではない事を理解していただけると思います。

しかし、多くの場合何の疑問も持たずに暗記・実行出来る生徒さんは成績が良かったりします。

私の思う頭の良い生徒さんは思考力が高い生徒さんであり、勉強そのものに疑問を持ったりする生徒さんです。

だから私は生徒さんが言う「何故?」が大好きなのです!

疑問とは最も基本的な「知的欲求」だからです「何故?」は生徒さんに説明し理解してもらう絶好のチャンスだからです。

しかし、多くの大学生アルバイトは生徒さんの「何故?」を嫌います・・・なぜなら「理解が浅く、経験が足りない」からです。

自分の知っている角度でしか説明出来ないし、回答欄に載っている角度でしか説明が出来ないからです。

そして頭の良い子は大半がせっかちで「無駄な説明」を嫌います、しかし多くの大学生アルバイトは1~10まで順番に説明します。

なぜなら、大学生アルバイトは自分がそう指導されてきたのでそれが当たり前なのです。

何故?に対して理屈は良いから公式を覚えて!と指導する先生は最低の先生と言えると思います。

そして大体個別指導を選ぶ生徒さんは勉強が苦手と感じ始めています。

大体、個別指導でアルバイトをしようとしている先生は勉強が得意で疑問を持たずに暗記・実行をしてきた生徒さんだったのです。

お互いに相手の考えが判るはずもない状態で今日も授業は続くのです。

まず、塾にちゃんと来る事、決められた宿題をする事、これだけで思うように成績は上がります。

そして物事を理屈で考えている子や想像力の高い子は個別指導で思考力を潰されている事を忘れないで下さい。


塾の腕の見せ所!

いよいよ明日は公立高校受験本番!

今年は兵庫第二学区は荒れる予感・・・

この週末に以前に回収しておいた、内申点を利用し平成30年の過去問で実際の受験シュミレーションをしました。

今年の受験生のうち、4人は楽に合格だと判定が出ました。

ただ一人は微妙・・・最低合格点を1点上回っただけ。

さらにもう一人、合格最低点まで141点足りない生徒さんが・・・前々からかなりやばいとは思っていましたが、まさか合格最低点にここまで届いていないとは驚きでした。

しかも試験二日前に・・・普通なら諦めるのでしょうがそこは毎年脅威の合格実績を出し続けてきたA YUMMY STUDY 伸学土台教室!

残り二日で逆転のための指導をしました。

141点くらい、二日で上げて見せましょう!!

結果は見てみないとわかりませんが、今年もやれるだけの事はやりました。

そしてギリギリ合格のラインを狙えるのは、正確なデーターと中学1年生の時から指導させていただいているおかげでその子の「特性」を理解できているからです。

中3になってきてくれる生徒さんも少なくありませんが、やはり勉強は指導できてもギリギリの調整はできません。

そして私が今年あらためて驚かされたのは、この地域で有名なK塾の嘘だらけのデーターです。

土曜日に娘の友達が数学の過去問がわからないというので、娘に教えてほしいと堀池教室まで来たのでついでに英語のリスニングテストを経験してもらい、合格に必要なラインも計算してあげました。

内申点を計算すれば大体、本番で何点くらいとれば合格できるか大体わかります。

しかし、その子もうちの生徒さんもK塾が言っている合格点と計算すると150点近い差がありました・・・いったい何を根拠にその数字を出しているのか?

もちろん、余裕をもって点数を取らせることは重要です!

受験は何があるかわからない・・・毎年思い知らされています。

しかし、仮にもプロといわれる人間が目安として出した点数が150点近くズレがあるというのは「適当に言っている」以外考えられません。

だから本来の実力よりもかなり下の高校を受験させる事で有名なのだとK塾の事理解できました。

でもこの地域の人たちはありがたがって、推薦で合格させることがお家芸のK塾に通うのです・・・全く理解できません。

私も大したデーターを持っているわけではありませんが、150点もずれるような事は無いと思います。

我々は今すでに、来年の受験に向けて準備を始めております。

もし皆さんもこの高校へ入学できるのかな?と不安に思えば内申点を持ってきていただければそこそこ正確に何点くらい必要かお伝えする事は可能です。

しかし、このアドバイスはどの学習教室でも行っている事ですが、K塾のように大げさな話で入塾を進めることもしませんし、適当な数字も言いません。

そして合格点まで何点必要なのか?計算しているので、最後に正確に追い込むことができるのです。

毎年私は書いています、もう一度言います!忘れないでください。

受験は学力指導と戦術がパックで初めて、逆転合格を可能にします。

A YUMMY STUDY 伸学土台教室は両方を持っている数少ない学習教室であると私は思っています。

来週の結果が楽しみです!!!

手品の法則

手品の法則というものをご存知でしょうか?

手品の法則とは、新しい手品を発明した場合はまずプロのマジシャンがクローズ会場(マジックバーやマジックショー)でその新ネタを披露し、お金に変えます。

そして、クローズ会場でやり慣れて観客が飽きてきた頃にオープン会場(テレビなど無料で見れる所)で披露されます。

その後、オープン会場でも慣れてしまうとその新ネタはタネあかしの本などでお金に変えられ、使い古されたネタへと変化していくのです。

実はこれはどこにでもある話で、お金を生むネタを公開する人はほとんどいません。

過去にお金を生んでいたが、使い古されその方法論ではお金を生みにくくなってくると一般に公開されるのです。

仮想通貨やFX取引などがよい例だと思います。

これを教育業界に当てはめることは出来ないのでしょうか?

私は同じだと思います。

有名私立に合格するための本、東大合格のノウハウ本、天才を作るための家庭学習・・・など、色々と本が出版され、一般公開されている受験のノウハウ本。

同じだと気付いていただけましたか?

ただし、話の核心はここです!はたしてノウハウが使えないのか、学歴が意味をなさなくなっているのか?

私は学歴が昔ほど素晴らしい効果をもたらさないと考えています。

もちろん勉強し、思考力を鍛え、良質な指導を受けることは重要です!

この事は長年たっても変わりません、しかし今の塾や教育業界を見ていると「受験生のレベル低下」を悪用し、「学歴を買わせる」行為をよく目にします。

私が小学校の時や、中高生の時に難関と言われた学校もそのレベルを維持できずにいます。

だからこそ、教育を学力とイコールにしてしまい幼少期から演習を繰り返せば一昔前の難関私立も合格できるのです。

しかしそれでは「教育本来の姿」とはかけ離れてしまいます。

教育は自立のためにあり、人よりも有利に人生を送るために学歴を得る道具ではないということです。

元々教育は良い人間を作るためにあり、その過程で賢い人間も作っていたのです。

しかし、今の教育業界は本当に「良い人間」を作っていますか?

教育本や受験のノウハウ本、マスコミや評論家に騙されていませんか?

学歴だけで生きていける時代はとっくに終わっています。

だからこそ高学歴になるための数々のノウハウが公開され、最後のお金に変えられているのです。

では今、お金を生むノウハウとして隠されている教育法とはなんなのか?

キーワードは「自立」そして「強さ」だと思います。

私も今、教室で最優先で指導している「必殺のノウハウ」はもちろん隠しています。

私が今回みなさんに考えていただきたいのは、公開されているノウハウに必殺技はないということ、もう一つみんなが知っているノウハウは古いのです。
プロフィール

KAZ

Author:KAZ
学習教室を10年以上運営し、解った事と訴えたい事を遠慮なく書かせていただきます。あくまで私見ですので、気分を害される方は見ない事をお勧めします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR