fc2ブログ

出来る事しかしない、楽な人生だけどつまらない人生だよね

私は人生に目標を持つことがとても重要だと考えています。

目標は人生の羅針盤であり、迷わないためにはとても重要なものですが「目標がない」と言う若者・学生が多いのですが何故か?分かりますか?

私にはよくわかります、なぜなら自分の人生に「可能性を感じていない」という事が原因なのです。

だから「医者」や「パイロット」「総理大臣」などの大きな夢は見れないのです、なぜなら誰よりも自分が自分を信じていないからなのです。

原因は「出来る事」だけをさせてきた結果なのです、失敗を恐れ、変なルールを順守し、妥当な目標を妥協して受け入れているからです。

つまり簡単に言うと「出来る事は出来る」「出来ない事は出来ない」と決めつけているのです。

だから大きな夢や憧れを持っても「自分には無理だ・・・」とあきらめてしまうのです。

私は可哀そうだと感じてたまりません、老人のような学生をたくさん見てきました。

自分の未来に可能性を感じる事が出来ないなんて、それほどつまらない人生があるのでしょうか?

自分にはやれば出来る力がある、自分は特別な人間だ、やればできる、そんな思いをしていない学生に大人は「夢を持て」「目標を持て」「努力しろ」と言うのです。

ですからお子さんに夢を聞いてみてくさい「公務員」だの「看護師」だの「学校の先生」だの言っている子は危ないし、自分の未来に可能性を感じていません。

それはなぜか?「壁を突破した経験」が無いからです。

出来ないというのは自分の思い込みだと気付く瞬間が必要なのです。

小さな出来たの積み重ねが「出来る」と言う思いを作り、挑戦することで「確信」に変わり、そこから人生を真剣に「夢見る」と言う状態を作るのです。

出来ないなら無理しなくてもいいよ~なんて教育を受けて、どうして自分の人生に夢を見れるのでしょうか?

自分は出来るという「証拠」を見せてあげる、これが教育者の仕事だと私は思っています。

無理だ、出来ない、つらい、したくない、出来ると思えない・・・そんな事でもやれば出来るとこちらはわかります、専門家ですから。

そして必ずやり遂げさせる、これを繰り返せば「大きな目標」を持たない方がおかしいのです。

しかし、今は子供の意見を尊重して、嫌がる事はさせない、無理もさせない・・・そんな環境下で育った学生が自分の未来に可能性を感じられないのは当たり前だと思います。

努力をして、積み上げて、計画をして、無理だと思われることをひっくり返す、この経験が無い人間が「才能」を言い訳に努力しない事も私は納得できます。

私も中学受験に失敗して、自分の事を全く使用しなくなり、最後に自分は自分は失敗する人間だと心から思っていました。

しかし、その考えを変えてくれたのは「兄」でした。

兄は中学受験に成功し、現役で一橋大学法学部へ合格、そのまま司法試験を突破し弁護士になりました。

私から見れば人生の勝ち組であり、自分とは違うと感じていましたが、私が大学受験の時に「だからお前はダメなんだ、全部人のせい、才能のせい、環境のせいだと思っている。勉強する意味がまるで分かっていない」と言われ目が覚めました。

そして最後の受験である大学受験だけは残り期間だけでもちゃんとやろうと思い、何とか第一志望の大学に合格しました。

そこから「あれ?自分が勝手にあきらめているだけか・・・」と考える様になり、現在に至ります。

あの時一生懸命私を叱ってくれた兄を今も尊敬しています、同時に私と同じように勝手に自分であきらめている人にたくさん会いました。

でもその人たちには私の兄のような絵にかいたような成功者が間近にいなかったのです。

だから私は生徒さんたちに「自分の可能性を制限するような声かけ」は絶対しません、そして挑戦をけしかけ、一緒に並走し出来る事を証明してあげたいのです。

だから私は以前から書いてますが、出来ない子など一人も居ないし、受験は挑戦することにしか意味はないと思っています。

自分にはそれが出来ると思える理由は「尊敬する兄」に人生の勝ち方を教えてもらったから、みんなにそれを教えてあげたいのです。

私は大学受験で兄の理論を痛感し、人生が開けました。

上手くいくか行かないか?それは考え方と、勝ち方を知っている人間と共に過ごせるか?と言う事なのです。

学生時代に自分の可能性に気付いた人間は社会へ出て恐ろしい活躍を見せます。

学生時代に自分の可能性に気付かなかった人間は「あきらめ」と「妥協」を繰り返し、後退の人生しかありません。

私が勉強を通じて教えたいのは、生徒さん自身の可能性なのです。

自分に可能性を感じる人生、それは最高に楽しい人生なのです。
スポンサーサイト



プロフィール

KAZ・FUJITA

Author:KAZ・FUJITA
学習教室を運営して約20年、教育の仕事に関わりすでに約30年。日本の教育は間違っていると感じ正しい教育とは何かを考え続けここまで来ました。私自身の経験から「社会で活躍出来る人間とは何か?賢いとはどう言うことか?世界の教育の今、何を求めているのか?そんな事を考え子供達の指導をしています。私の考えをココに書いておきます。私はウソは大嫌いです、何でも本音で書きますので気分を害される方は読まないで下さい。
尊敬する人物は「坂本龍馬」と「諸葛亮孔明」
座右の銘は「因果応報」
教師とは職業ではなく生き様である、が信条です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR