FC2ブログ

小学生の教科書改訂、最悪と言って良いでしょう!

今年は小学校の教科書改訂が「大改訂」の年で、大きく内容が変わりました。

その中でも際立っているのが「速度」の単元が5年生に追加されたと言う事です。

速度の単元が重要である事は、周知の事実だと思います。

そして5年生が算数最大の山場である事も周知の事実だと思います。

ココでハッキリ言いますが、小学校の算数をちゃんと理解している生徒さんはほとんど居ません。

中学受験をする生徒さんですら、パターン学習に終始して、想像力や基礎理解を無視して先へ先へと進んでいるように思います。

その影響は「数学」ではなく、物理に出る事も知っておいて下さい。

理数系に進む一番のポイントは数学では無く、「物理」にある事も忘れないで下さい。

そして、小学校の先生のほとんどが「文系」であり、「数学」のツボや物理に必要な知識を意識せず指導していることも知っておいて下さい。

だから、算数を専門家に指導してもらう事が理数系教科を得意になる唯一の方法だと私は考えています。

4年生までは算数が出来たのに・・・と言う保護者に良く会いますが、正直言うと4年生までの基礎を理解していれば5年生で困る事はあり得ないのです。

つまり、5年生で躓いているというのは「4年生までの算数を理解していない」と言う事なのです。

そして、中学の数学を始めた時点で算数に弱点があると「数学が得意」になる事は有りません。

もう少し正確に言うと「算数に弱点がある生徒さん」が理数系で国公立に入る事はほぼないと言うことです。

コレは私の取ったデーターですが「独学」で算数を学んだ生徒さんが「中学数学」で苦労し、高校数学で開花するケースはあります。

しかし、理数系で勝負できない一番の理由は「算数」の理解が必要となる「物理」の壁を突破出来ないのです。

小学校の算数と中学数学はつながっており、中学数学と高校数学もつながっていますが、小学算数と高校数学のつながりはとても薄いのです。

しかし、算数と物理のつながりはとても深く、小学校で習う公式を物理で応用することも珍しくありません。

そしてその算数においてもっtも重要な時期「5年生」に速度の単元が追加されました。

これは塾に通っていない生徒さんにとって「最悪な結果」と言わざると得ません。

私が今まで見てきた限りでは、公文に行こうが学研に行こうがチャレンジをやっていようが「出来る子は出来る」が結論です。

しかし、普通の子は公文や学研、チャレンジや自宅で問題集をやった結果、「テクニックだけか基礎理解だけ」になってしまう事が多く、数学・物理で苦労する確率が相当高いのです。

私が今まで見てきた「勘違いしている子」のほとんどが、「問題を解く事」だけに終始して「テクニック」に目が行かないのです。

私は常々言っていますが「算数・数学は速度と正確性を競う教科」なのです。

速度に全く意識を置かず、遅いやり方で解いている生徒さんが「数学で開花する」確率は相当低いのです。

逆に進学塾に通う生徒さんは「テクニック」だけで基礎理解をしていないので、「応用問題」に対応出来ない子が多いのです。

少し考えれば分る事も「見たことないから分らない~」と平気で言います。

独学でやっても、パターン学習の教室に行ってもダメなのです。

算数はじっくり考え、思考力と基礎理解を駆使し「練り込む」事が一番重要です。

だからどこかの塾のように「アホみたいに量をさせる塾」も「アホみたいにプリントさせる教室」も本質を理解していないと言わざるを得ません。

算数・数学は思考力の基礎を築くのにとても重要です。

しかし、多くの保護者が「受験優先」や「学力が心配」という理由で「安易な前倒し」を選択し、本物の賢い子の芽を摘んでしまうのです。

毎回言いますが、塾は本当にちゃんと選んで下さい!

時代遅れのプリント学習や、商人と化した塾や、教育と保育をはき違えた個別指導も要りません!

今こそ本物の指導が必要な時です、この教科書改訂で馬鹿塾に騙される保護者がまた増加する結果になるのが本当に腹立たしいのです。

A YUMMY STUDY 伸学土台教室は数少ない「教育」を行える教室であり、勉強本来の楽しさを伝えられる教室なのです。

適当にプリントを早くやらせるだけの教室や友達が行っていると言う理由だけで「商人と化した塾」も本当に気を付けて下さい。

小学生に与える塾の影響は小さくありません!

分らなければ、メールや電話でご相談下さい。

実名で現実を正直に教えます!

A YUMMY STUDY 伸学土台教室は正直に真っ直ぐに正攻法で「教育」を行います!

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KAZ

Author:KAZ
学習教室を10年以上運営し、解った事と訴えたい事を遠慮なく書かせていただきます。あくまで私見ですので、気分を害される方は見ない事をお勧めします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR