FC2ブログ

手品の法則

手品の法則というものをご存知でしょうか?

手品の法則とは、新しい手品を発明した場合はまずプロのマジシャンがクローズ会場(マジックバーやマジックショー)でその新ネタを披露し、お金に変えます。

そして、クローズ会場でやり慣れて観客が飽きてきた頃にオープン会場(テレビなど無料で見れる所)で披露されます。

その後、オープン会場でも慣れてしまうとその新ネタはタネあかしの本などでお金に変えられ、使い古されたネタへと変化していくのです。

実はこれはどこにでもある話で、お金を生むネタを公開する人はほとんどいません。

過去にお金を生んでいたが、使い古されその方法論ではお金を生みにくくなってくると一般に公開されるのです。

仮想通貨やFX取引などがよい例だと思います。

これを教育業界に当てはめることは出来ないのでしょうか?

私は同じだと思います。

有名私立に合格するための本、東大合格のノウハウ本、天才を作るための家庭学習・・・など、色々と本が出版され、一般公開されている受験のノウハウ本。

同じだと気付いていただけましたか?

ただし、話の核心はここです!はたしてノウハウが使えないのか、学歴が意味をなさなくなっているのか?

私は学歴が昔ほど素晴らしい効果をもたらさないと考えています。

もちろん勉強し、思考力を鍛え、良質な指導を受けることは重要です!

この事は長年たっても変わりません、しかし今の塾や教育業界を見ていると「受験生のレベル低下」を悪用し、「学歴を買わせる」行為をよく目にします。

私が小学校の時や、中高生の時に難関と言われた学校もそのレベルを維持できずにいます。

だからこそ、教育を学力とイコールにしてしまい幼少期から演習を繰り返せば一昔前の難関私立も合格できるのです。

しかしそれでは「教育本来の姿」とはかけ離れてしまいます。

教育は自立のためにあり、人よりも有利に人生を送るために学歴を得る道具ではないということです。

元々教育は良い人間を作るためにあり、その過程で賢い人間も作っていたのです。

しかし、今の教育業界は本当に「良い人間」を作っていますか?

教育本や受験のノウハウ本、マスコミや評論家に騙されていませんか?

学歴だけで生きていける時代はとっくに終わっています。

だからこそ高学歴になるための数々のノウハウが公開され、最後のお金に変えられているのです。

では今、お金を生むノウハウとして隠されている教育法とはなんなのか?

キーワードは「自立」そして「強さ」だと思います。

私も今、教室で最優先で指導している「必殺のノウハウ」はもちろん隠しています。

私が今回みなさんに考えていただきたいのは、公開されているノウハウに必殺技はないということ、もう一つみんなが知っているノウハウは古いのです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KAZ

Author:KAZ
学習教室を10年以上運営し、解った事と訴えたい事を遠慮なく書かせていただきます。あくまで私見ですので、気分を害される方は見ない事をお勧めします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR