FC2ブログ

英語教育と英語教室の真実

新年明けましておめでとうございます。

今年からは、今まで気を使って明言してこなかったこともハッキリと発言していこうと思っております。

まずは英語教育について皆様に真実を知っていただきたいと思います。

まず大前提として進学塾と英会話教室は敵対関係にあります。

英語教室は塾を全面否定し、塾は英語教室を全面否定しています。

それは商売と言う側面から見れば当然のことで、生徒さんを早くから取り込みたい塾にとって未就園児を大量に抱える英会話教室は怖い存在であり邪魔な存在なのです。

英語教室から見ても、せっかく一生懸命育てた生徒さんが進学塾に移籍し、今まで培ってきた「英語力」を全面的に否定されボロボロにされている姿を見て敵視しているのです。

しかし問題は進学塾と英会話教室とどちらの意見が正しいとか、進学塾の教え方と英会話教室の教え方どちらが正しいのかとかそんな問題ではありません。

一番の問題は「アプローチ」が違い、「何を大切にしているか?」が違うと言う事です。

ここで皆さんに知っていただきたい真実の一つが「英会話は幼少期からやっていても無駄」と言う意見です。

事実幼少期から英会話に通って居る生徒さんの9割近くが無駄だった感じる瞬間があるのです。

この理由についてきっちりと説明しておきましょう!

まず日本の英語教育は中学校で杓子定規な文法を教え込まれ、高校でざっくりと英語を捉えると同時にヒアリング力を問われます。

言い換えれば、中学英語ではプリント学習で行うような「英語の勉強」が正解であり、高校英語では英会話を中心とする「語幹」が問われるのです。

コレが逆ならば、ほとんどの英会話教室が賞賛を浴びもっと英会話教室への通塾が当り前の時代が来たと思います。

しかし、残念ながら先に杓子定規な文法を教え込まれ、その後に語幹を試されるのです。

このときに英会話教室へ通っていた生徒さんは進学塾へ通い英会話とは全く無縁のガリ勉タイプの先生に英語を習います。

進学塾の先生は英会話に縁が無いので「自分が習った方法で習う」と思い込んでいるので、英会話に通う生徒さんに素晴らしい語幹が備わっていることを知りません。

しかし、長い年数英語を学んでいると聞けば自分以上に英語を知っていると感じるのですが、その順序はあまりに違うのです。

簡単に言うと、うちの教室の生徒さんもそうですがアルファベットを書けないし読めないのですが、外国人の話す英語を聞き取り、およそ言いたい事は理解出来るのです。

この仕組みが塾の先生には理解出来ませんし、多くの保護者の方もそうなのです。

自分と同じ順序で習っていると思い込んでいるので、例えばcatがネコだと判らないと言う事は、何も分っていない・・・コレはやばい!!と判断するのです。

しかし、その生徒さんは感覚で過去形に変えられたり、前置詞を正しく選べたりするとは夢にも思わないのです。

しかし、中学英語が終われば高校で再びヒアリングと語幹が試されるのです。

中学で必死に壊してきた語幹をここで取り戻せと言われるのです・・・生徒さんに取ってはコレは厳しい現実です。

だから、幼少期に身に付けた語幹を壊す事無く中学英語を乗り切れば英語力は人生でも受験でも大きな武器となります!

しかし、その語幹を壊さないと指導出来ないのが「進学塾」なのです。

加えるならば、有名学習教室のように「英検」を売りにして、プリント学習で英語を教えている教室は中学では点数を取れますが、高校で苦労する事は間違いありません。

英語は一定レベルを超えると「語幹」と「ヒアリング」が重要です。

その一定レベルを超えない様な英語力であれば、中学から初めて困ることはありません。

教科としての英語と英会話力は似て非なるものと言えます。

だから英検を取れば英語試験を免除されるというシステムは中学ですり込まれる「嫡子定規な英文法」を回避する一つのアイデアなのかも知れません。

私が知っている限り、ネイティブが英語のシャワーを浴びせても英語を理解出来ません・・・なぜなら週に1~2時間だけ浴びてもそれ以外の時間に日本語のシャワーを浴び続けているからです。

日本語が母国語として話されている環境下で英語力を身に付けるためにどうすれば良いのか?英語教室の先生は本当に真面目に研究されています。

しかし、中学英文法の壁に当たり「英会話は無駄」というレッテルに苦しんでいる教室は事実とても多いのです。

その中でA YUMMY STUDY 伸学土台教室は幼少期に培った「語幹」を壊すこと無く、中学英語の杓子定規な文法を指導してきました。

その結果、英語のヒアリングは困ったことが無いと言う生徒さんがほとんどです。

この先も英語力が必要な社会は続いて行くと私は思います。

AIが誕生し、通訳の性能も日々進化している中本当に英語力が必要なのか?その答えは分りません。

しかし、楽しく英語を学び英語大好き!だと言っている生徒さんが進学塾の先生に英語を指導してもらい英語を好きでは無くなる姿を嫌ほど見てきました。

そして進学塾で中学英語を学んだほぼ全員が高校英語で「英語が得点源では無くなっている」事実を皆さんに知っていただきたいと思います。

塾で学んだ英語は大学受験で伸びきらない事は間違いありません!

高校英語と中学英語は別のアプローチが必要だからです。

高校英語では杓子定規な文法よりも「語幹」と「ヒアリング」が重要だからです。

ここで結論を言いましょう、塾の言う英会話教室は無駄という意見は中学の杓子定規な英文法においては無駄なのですが、高校英語で役に立つとか、違うアプローチで指導すれば伸びるという事を塾の講師は知らないのです。

そして英会話の先生が進学塾の教え方は良くないと言うのは、今の逆なので説明するまでも無いと思います。

幼少期に培った語幹を壊すことなく指導出来る塾を選ぶ事がとても重要だと思います。

そして進学塾にそんな所は存在しません!

大学受験で最も大切なのは理系・文系共に「英語」です。

コレは多くの予備校講師や塾の先生が著書で書いておられます。

その英語で差が付くのは「語幹」と「ヒアリング」です。

高校受験を変に重要視しすぎるために、大学受験で大切な「語幹」と「ヒアリング力」を失わないで下さい。

本当に良い塾はその後の大学進学実績を確認するべきです。

理数系にも進めない数学指導や、大学受験で武器にもならない英語指導、抜き出すだけの国語指導で高校受験のみ結果を出している塾がこの地区には多すぎます!

皆さんには事実を知った上で大切なお子さんを預ける教室を選んでいただきたいと思います。

冷静に見ても当教室が行っている指導は何処にも恥じない最高の指導をしていると自負しています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KAZ

Author:KAZ
学習教室を10年以上運営し、解った事と訴えたい事を遠慮なく書かせていただきます。あくまで私見ですので、気分を害される方は見ない事をお勧めします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR