FC2ブログ

その情報間違ってませんか?

息子が野球を始めて11年・・・僕自身はサッカーを学生時代にしていたので野球のことはほとんどわからない。

だからこそ信用のおける後輩や友人から情報を集め参考にさせてもらった。

その結果大きな間違いを犯さずに済んだが、11年間でたくさんの怪情報とであった。

一番困るのは、その怪情報を流している本人は本気でその情報が正しいと思い込んでいる事だ。

親しい人間なら「その話ホンマか?」と聞き確認することもできるが、そこまでの仲ではない人から多くの怪情報を聞かされた。

そしてその怪情報が間違っていたと今は立証されているが、怪情報を流していた本人もきっとそのことを忘れているだろう・・・恐ろしいのは悪意も悪気もないことだ。

教育業界でも全く同じ事が頻繁にあり、その人の情報に根拠も何も無いのに怪情報を流す人がたくさんいる。

マスコミのように意図と悪意を持って情報を流しているほうがまだましだ。

私の身近にも同じような話はある。

あるお母さんは自分で幼児教室を運営し、ある有名小学校に二人の子供を合格させ自分の教育法と教育方針に絶対の自信を持っていた。

我々にも子供にはこう接するべきだとか、勉強はこのようにさせるとかいろんな持論を押し付けてきた。

私の奥さんは非常に素直な人なのでほとんどそのまま取り入れていたが、息子の成長を見て辞めさせた。

そして結果として、今そのあるお母さんの子供見て、おそらく10人中9人が失敗でしたね・・・という結果になっていると思う。

そしてそのあるお母さんはおそらく自分が強烈な教育論を吹聴していたことはすっかり忘れている・・・何事もなかったかのように。

しかし忘れてはいけないのは、その時その話を信じわが子にその教育を押し付けた家庭がたくさんあり、そのご家庭の被害が甚大であることをそのお母さんは知らない。

教育において何が正解なのか?

これは字非常に難しい問題で、どの分野の結果に重きを置いているか?これで大きく変わってくると私は思う。

最低でもそのお母さんの価値観は間違いなく「学歴」に重きを置いていたし、学歴のために莫大な投資もしていた・・・その結果を考えれば失敗だと言い切れる。

なぜなら、そんな投資をしなくても入れる大学にしか入学していないからだ。

そのお母さんが学歴に全くこだわりのない人なら、正解・不正解を言い切る事はできない。

しかし、間違いなく学歴最優先主義だったので、失敗だと私は言い切れる。

そして同じように高学歴のために投資をしていた家がそのお母さんの教育方針や教育理念を信じ満足のいく結果が得られていないことを忘れてはいけない。

私が最も恐ろしいのは、野球において怪情報を自信満々に流していた家の子供たちが野球界で全く活躍できていないという事実を直視していない事だ。

自分の子供で結果の出せないその理論や方法論は一体何の役に立つのか?

せめて言い切ることはやめていただきたいと切に願う。

本当に情報を精査し生きている人は、自分が言い切るときは必ず裏付けが取れているので言い切られると信じてしまう。

しかし、今目の前で情報を言い切っているその人は正しい情報を言っているのか、怪情報を流しているのか見極める必要があるのです。

昔、詐欺まがいの話を信じて数十万円を払い込んだ友人が私にもその話を勧めてきました。

私が本当か?と聞くと彼は「あの人が嘘を言うわけがない!絶対大丈夫だ!信用のある人なんだ。」と言ってきました。

結論から言うと、決して人を騙さぬ信用抜群のその人は騙されていたのです。

その情報信じて大丈夫ですか?

情報を持って生きたその人が騙されている可能性も無視しないでください。

私はいつも考えています
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KAZ1117

Author:KAZ1117
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR