FC2ブログ

コカコーラが売れている理由

世の中には色んな法則が存在します。

例えば、鏡の法則は皆さんも耳にしたことはあるのでは無いでしょうか?

これは自分の子供や部下の行いは自分のまねをしているのだという法則です。

あとは二八の法則。

これはどんな集団でも二割の人間が頑張り、残りの八割の人間は頑張らないと言うものです。

これと同じように色んな現象が法則として紹介されているのです。

その中で私が皆さんに知っておいてほしい法則が「コカコーラの法則」です。

清涼飲料水を販売する会社で売り上げNo1はコカコーラです。

しかし、コカコーラが一番美味しいのでしょうか?

一番安い?体に良い?ファンが多い?・・・

コカコーラがNo1である理由は一体何なのでしょうか?

実はコカコーラが業界No1のものがあります。

それは自動販売機の数です。

つまり、コカコーラが特別美味しい訳でも、安くてお得な訳でも、体に良い訳でも無いです。

コカコーラは販売力がNo1なのです。

もちろん宣伝広告費を含む、販売力がずば抜けていると言うのが真実なのです。

有名な話ですが、マクドナルドの凄さはサービスでもハンバーガーでも無く値段でも無い、出店する量と場所が凄いのだと言われています。

私の読んだ本ではマクドナルドは「不動産屋だ」と断言している本もありました。

つまりコカコーラもマクドナルドも美味しいとか、安いとかの判断で人は選んでいないのです。

食べたい・・・飲みたい・・・その欲求が高まったときにすぐそばで販売されているので便利なのです。

売り上げNo1や実績No1を宣伝文句にしている会社を私は信用しないのは、これが理由です。

良いものを安く売っている会社が勝つのでは無い、販売力のある会社が勝つのだ。
品質・値段はその次のの問題だ。

ある有名な会社の社長さんの言葉です。

私は塾業界もまさに同じだと考えています。

特にj塾は在庫や商品のロスが無く、安全な業態だと言えます。

それが故に、宣伝広告費がとても重要な要素になってきます。

宣伝をたくさんして、色んな場所に教室を開校すれば、当然生徒さんは集まりやすくなります。

しかし、その宣伝費は皆さんのお月謝の中から捻出される事は絶対まちがいありません。

私は宣伝広告費と塾の月謝は比例していると感じています。

私は関西にもごく少数ですが良い塾だと思っているところがあります。

特徴は宣伝広告費をほとんど使っていない事が共通点です。

派手な宣伝をしている塾は月謝が高い、月謝が高く無いなら授業の質が悪い、どちらかである事はまちがいありません。

前にも書きましたが、情報は色んな角度から見ないと本当の姿は見えてきません。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KAZ1117

Author:KAZ1117
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR