FC2ブログ

受験生、最後の追い込みです!

この時期は学習教室に勤めている人は休みなんて無いと思います・・・
受験に関わっている人はこの時期必死になっていると思います。
生徒さんも先生も最後の追い込みに一生懸命です。

毎年思う事ですが、受験の合否は学力以外にも重要な要素があります。
それは戦術です。
受験戦争という言い方を我々が受験生の頃にはよく聞きましたが、まさに戦いであると実感する事も少なくありません。
戦いとか勝負とか言われるものは、実力と戦術がパックとなって必要となります。
学力と付けるという作業は長い時間をかけて行う事が理想ですが、最後の一週間はなかなか学力を上げる事は難しいと思います。

特に、数学と英語は積み上げの教科と呼ばれ、基礎学力をしっかり作っておかないとそう簡単には上がっていきません。
もちろん基礎学力がしっかり付いている生徒さんに関しては、過去問の演習を繰り返し得意パターンを増やす事で得点は上がっていきます。
しかし、数学・英語を苦手としている生徒さんに関してはこの時期理科・社会がお勧めです。

理科・社会に関しては、積み上げがさほど関係なく、寸前でも量をこなせば得点が上がる可能性は高いのです。
そしてこの時期に5教科を均一に勉強して良いのは、きっちりと学力を積み上げてきた生徒さんだけだと思います。
今まで勉強をさほどしてこなかった生徒さんは残り一週間、理科社会にかけてみても良いと思います。

私が生徒さんによく話す素振りの理論があります。
A君とB君は野球をしています。
二人とも1万回素振りをしましたが、A君は格段に上手くなり、B君は効果が余り出ませんでした。
二人とも同じような方法で素振りをし、ふたりとも同じように上手くなりたいと強く思い素振りをしました。
しかし、一つだけ違いがありました。
その違いは何でしょう?
これは私がよく生徒さんにする質問です。

答えは素振りの期間です。
A君は2週間で1万回素振りをし、B君は一年かけて1万回素振りをしたのです。
勉強も同じです!
量と期間はパックで考えなくてはなりません。
最後一週間、私は二人の生徒さんに、理科社会に時間を費やすように指示しました。
この一週間という短期間で理科・社会に的を絞れば、当然結果が出る確率は高くなります。

得点の低い生徒さん出あればあるほど、この時期は即効性のある理科社会で勝負する事が私は良いと思います。
受験は子供達にある事を教えてくれます。
それは全ての物に期限があると言う事です。
高校受験が初めての受験だという人がほとんどです。
今まで何かをちゃんとしてこなかった生徒さんにも結果は非情に降りかかり、何もしなくても期限はやってくるのです。

受験は自分の学力と合格に必要な点数を正確に分析し、残り日数を考えて行動する事が重要です。
私から見れば、とんちんかんな勉強を繰り返している受験生が多く見られます。
受験生最後の一週間、あと一週間しか無いと考えるのか?あと一週間もあると考えるのか?
それは何をするかにもよりますよね?
あと一週間で数学を1からやり直すなら、一週間しか無いと考えても仕方ないと思います。
しかし、理科・社会で大きく得点を落としているところだけ解けるようにするには、一週間もあれば十分です。

A YUMMY STUDY 伸学土台教室も去年までは、各自問題集で理科・社会を追い込んでいましたが、今年は専門の先生がいるので、受験生もやりやすいはずです。
さあ、今年も気持ちの良い春を迎えられるように、私もラストスパートです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KAZ1117

Author:KAZ1117
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR