FC2ブログ

コンフォートゾーンが人生を決定します!ちょっと難しい話ですが・・・

皆さんはコンフォートゾーンという言葉をご存じですか?
このコンフォートゾーンと呼ばれるものが人生を決定するのはご存じですか?

まずコンフォートゾーンですが、簡単にいうと一番安心できるエリア・ゾーンだと考えていただいて良いと思います。
つまり、自分の実力をどのように評価しているかという事なのです。
わかりやすく言うと、自己評価よりも高い結果が出ていると人はおかしな・・・どこかに落とし穴が・・・とか、どこかでこの好調は崩れていく・・・とか結局自己評価のエリアまで結果を落としていくのです。
逆に、自己評価よりもかなり低い結果が出ていると、おかしい・・・いつもと違う・・・などと考えどこかで自己評価に近い結果を出すまで底力を発揮するものなのです。

一番わかりやすいのがボーリングです。
いつも100前後のスコアなのに、半分終えた所で80を超えているとこの後崩れるだろう・・・と自分に暗示をかけ、結果100前後のスコアになりやすいという事です。
逆に、半分の時点で30位なら、後半は挽回してくるのです。
つまり、結果は自己評価に限りなく近づいていくという話です。

これは実際に研究された結果であり、自己評価がいかに大切かという事を教えてくれています。
実は学力、スポーツの結果、恋愛などあらゆる所に当てはまります。
何故かモテる人って結局自己評価がものすごく高いのです。
スポーツの世界でも同じです、プロになる選手の大半が自分はプロに成れると自分を評価しているのです。
もちろん、勉強も同じです。
自己評価が高ければ、テストで低い点数を取ったときに、次は取り返そうと発憤します。
つまり、スポーツでも勉強でも自己評価を高めておく事が一番の早道なのです。

では実際はどうですか?
自己評価を高めるような声をお子さんにかけていますか?
こんな点数では・・・とか、ちゃんと勉強しないと・・・とか、油断をしていると・・・とか、他の子はもっと頑張っている・・・とか、お子さんが自己評価を低くしてしまうような声かけしてませんか?
躾は厳しく、評価は甘く、余計な口出しはしない。
これが子供を賢く育てる近道だと私は考えています。

躾は精神的な成長を促し、集中力や忍耐力、持続力や自己管理が出来る子になります。
評価を甘くしてあげる事で、自身を持ち、自尊心を育み、挑戦心にあふれる子供になります。
余計な口出しをしない事で、自己判断の出来る子になります。

私から見れば、こんな事は知っている・・・でもやっている事は逆という方が多く見られます。
自己評価を高めるように導いてあげて下さい。
そうすれば、自分を高い位置におけるよう勝手に努力します。
保護者の方が一番嫌う言葉は「油断」です。
ですから、お子さんが良い結果を出しても、もっと上を見なさいとか、次は下がらないよう努力を続けなさいとか、自己評価が下がる声かけをしてしまいます。
良い結果を素直にすごいね!うれしい!と言ってあげるだけで、自己評価を勝手に高くしてくれます。
子供は反抗期であろうが、何歳になろうが、親に褒められる事が大好きなのです。
心配しなくても油断をするときはしますし、しないときはしないのです。
自己評価を高めておけば、勝手に油断の芽を摘むことも覚えます。

もっとも大切なのは自分をどのように評価しているか?
まずはそこなのです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KAZ

Author:KAZ
学習教室を10年以上運営し、解った事と訴えたい事を遠慮なく書かせていただきます。あくまで私見ですので、気分を害される方は見ない事をお勧めします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR