fc2ブログ

幼少期に絶対直したい癖を知ってください。

私が生徒さんを指導していて、まずつらいのは「無口」これに付きます。

保護者の方から「家出はよくしゃべるんですよ~」と聞きますが、これは意味がありません。

緊張感のある場所でちゃんと自分の考えや意見を「言語化」出来るという事がいかに大切か?思い知っていただきたいと思います。

勉強は究極「教える側」の能力などどうでもよくて、「教わる側」の能力が高ければ、抜群に伸びるのです。

これは当たり前の話で、私から見れば東進の林先生はやはり優秀で、素晴らしい講師だと思いますが「林先生」に指導してもらっても落ちる人間は落ちるのです。

かと思えば、びっくりするような地方の小さな塾で学び国立大へ進学する生徒さんは毎年多数います。

これを考えると教える側よりも教わる側の能力のほうが重要だと分かります。

そして教わる側の能力として一番私が重要だと考える能力が「言語化」です。

自分の理解を人に伝え、人の説明を自分の言葉に置き換えて言語化出来るという能力です。

無口には色々と原因はありますが、今私が分かる範囲で言うと「テレビの見過ぎ」「動画漬け」「スマホ漬け」のお子さんは無口になる傾向が強いようです。

もう一つ致命傷だと感じるのは「頑固」です。

ある程度強い意志を持つことはとても素晴らしい事なのですが、何事においても自分のやり方にこだわるという生徒さんです。

これは単に好き嫌いを直せば、簡単に改善する事ですが、小学生の間にどうにかしないと中学生からはどうにもならないと思います。

ですから小学生の時にある程度、柔軟に対応できる人間性を持たせておくことも重要だと思います。

思い込み・決めつけ・わがままの強いお子さんは勉強で苦労すると思った方が良いと思います。

この場合恐ろしいのは勉強で苦労するのはいつか?という事なのです。

小学校や中学校の初期で苦労が始まった場合、まだまだましだと言えると思います。

高校へ入学してからというパターンが異常に多いんです!

当教室の考え方は「高校での勉強が本番であり、小中学校は要領を学ぶ」と考えています。

だからこそ間違った勉強法や考え方でも小中学校では結果が出せるのです。

無口な子でも頑固な子でも量をこなせば結果は出せるのが小中学校なのです。

しかし、高校へ入学すれば量も範囲も膨大な大きさになり、コツコツと量をこなすといういわば「必殺ノウハウ」が通用しないのです。

そして恐ろしいのは、小中学校でガリガリ量をこなす勉強法を実践しているご家庭は自分のお子さんが良い結果が出ているときは広告塔のように結果を世間に知らしめますが、困った時には鳴りを潜めるのです。

だから、結局あの子高校ではダメだったのね・・・と皆さん気付かないのです。

私が近年見た恐ろしい結果はまさに、小中学校までガリガリにやっていた子が高校へ行き全くついて行けず、色んな塾を彷徨っています・・・

一番恐ろしいのは高校では通用しないそのがり勉に家で教え込まれた弟を私が今指導していますが、本当にもう可哀そうです。

考え方もやり方もすべて本人が間違っているので、教えられた側はもう何が何だか分からない状態で、本当に可哀そうです。

教えた側は地元で偏差値の高い高校へ進学したので、まさかその子の考え方がダメだとは親も弟君も分からなかったと思います。

家で教えるという事は「学校での説明を聞かなくなる」という事なので、お兄ちゃんがやってきた「パターンにはめる」考え方が癖ついているのですが、本人はそのパターンをその都度教えてもらっているので何も分かっていない状態なのです。

決して本人は不真面目でも頭が悪いわけでもないのです・・・ただパターン学習を何も考える事無くやり込んできた人間に家で教え込まれた結果なのです。

残念なのはその子が無口で頑固なのです・・・そうでなければいくらでも修正出来るのですが、なんせ無口で頑固な子は思考が読めないので修正が難しいのです。

私は以前にも書きましたが塾は「対処療法で使うより、予防的思考で使うもの」なのです。

苦手になってから行く、というのは一番もったいない使い方で苦手になる前、問題が表面化する前に言っておけば「得意教科」に簡単に変えられるのです。

しかし、一度苦手になってしまうと、4年生までに塾に行かないと「得意教科」に変える事は難しいと思います。

ただし、言語化さえできれば中学生からでもどうにかなるのです。

簡単に言うと、うちの子は無口で頑固だな・・・と感じたら4年生までに予防として「指導力のある塾」へ入れるべきです。
スポンサーサイト



昔聞いた、神の仕事と世の中の法則。

私は以前ネットワークビジネスで稼いでいた、もちろん合法だしそれなりに社会意義のある仕事だった。

その時に知り合った3歳年下の人に教えてもらった「神の仕事」という話が今でも忘れられない。

彼は20歳でコンビニを出店した強者で、3000万円の借金を残し店は廃業、20歳にして3000万円の借金を背負った。

彼は数年かけて業界で結果を出し、私よりも遙かに稼いだし素晴らしい人間性をしていた。

その後私達が信じた会社は業務を閉鎖、彼も路頭に迷っていると思っていた。

しかし彼の唐揚げ屋さんが九州に始まり、関西に出店してきたト聞いたときは「流石だな」と思い、彼がしていた「神の役割」の話を思い出す。

彼曰く神様の役割は「夢」を諦めさせて、社会を上手く運営する事が仕事なんだと言っていた。

誰もが夢を叶えると社会は成り立たない、ゴミの収集や町の清掃を誰が幼少期から憧れてやってくれるのか?誰も好んではやりたくないのでは無いか?

でも自分でやりたい仕事に就く事が出来ず、生きていく為にはしょうが無くその仕事をやる人がいるんだと。

だから誰も彼もが夢を叶えてしまわないように、神は夢を持つ人間を邪魔して「諦めさせ」、社会で必要とする役割をさせるのだと言っていました。

最初は友人や親兄弟から「無理だ」「辞めとけ」と言われ、簡単に諦める人も居る、次は試練を与え夢を追えないようにする、資金繰りに失敗したり、色んな事で邪魔をしてなんか「夢」を諦めさせようとするんだと言っていました。

そして、夢が叶うのは諦めず夢を追う人間の姿を見て「神が諦めたとき」に夢は叶うんだと教えてくれました。

まさに彼も私もネットワークビジネスで半分手に入れた成功という2文字が、逃げていった時は「ウソだろ・・・」と思いましたが、彼は唐揚げのフランチャイズで、私は教育業界で夢を追い続けています。

もうすぐ神が諦めてくれると私は信じて居ます。

しかし、その神の仕事を塾の仕事で目の当たりにする事があるんです。

実は今まで勉強せずサボってきた子が、頑張ろうとしてもそう簡単にはいきません。

やろうと思うが出来ない、またやろうとするが逃げてしまう、またやろうとする・・・それを繰り返し出来るに成るんです。

しかし注意して欲しいのは、今までサボってきた、逃げ回っていた子が「やろう!」と改心し、真剣に取り組み始めた瞬間にある現象が起きるんです!

それは「過去の悪行」が表面化するのです!

せっかく頑張ろうと思った心を打ち砕く悪行の表面化!親はぶち切れて「もう辞めてしまえ!」的な発言をして頑張ってみようと思った心を打ち砕きます。

そこで挫折した子は「一生立ちなおれません」、何故なら決意は本気だったからです。

大人の我々から見て「甘い」と思うような決意でも、本人は本気なのです!

そして今まで散々付いてきたウソや誤魔化し、逃げの言い訳も許してきた大人が「今回だけは許さん」というのです。

冷静に考えれば訳が分かりません。

あえて言うなら本気の決意だからこそ「神」が試していると私は考えます。

だから、保護者の方にお願いです、頑張りだしたと感じたなら「過去の話」は水に流す勇気も必要です、全国の頑張ろうとしている生徒さんに言いたいそこが最後の壁だ!乗り越えろ!

勉強も仕事もスポーツも何でもそうなんです。

本気でやろうと思った瞬間から次々と「壁」が現れ、無理かも・・・って思う事が次々に起きて、しかも今まで上手く誤魔化せていた事まで表面化し叱責を受けます。

しかし、ここを乗り越えるから「正直に生きる」という選択が出来る様になるんです。

真っ直ぐ、正直に真っ正面から、コレが最短距離だと実感するのはそんな瞬間なのです。

誤魔化しや近道やノウハウなんて所詮は「変化球」であって、真っ直ぐ行くのが一番なのです。

私が当教室で生徒さん達に伝えているのは「正直に真っ直ぐいけ!」と言う事なのです。

昔息子を数ヶ月だけ指導して下さった「足立監督」は生前、ある選手に言っていました。

「あそこで変化球を投げる人間に投手は二度とさせない。打たれるか打たれないかの問題では無い」あの言葉の意味はそういうことだったのだと思います。

真っ直ぐ正直に勝負する事でしか「本当の力」は付かないのです。

勉強も同じです!

真っ直ぐ考え、悩み努力する事でしか本当の力は付きません、その事を知っていただきたいのです。

今年の中学受験、驚きしかありません・・・

今年の中学受験も終わりました。

結果は合格、この結果は正直驚きしかありません。

しかし、コレが中学受験だと言える結果なのですが、「合格」という結果に心から驚いた理由は寸前の冬期講習でも本当に10点台の点数しか取れなかった生徒さんだったので、私は厳しいと感じていました。

特に国語に関しては早くから英語だけを重視してきた結果「日本語」が壊滅的に分からないと言う状態でした。

とにかく常識的な知識が圧倒的に欠けていて、それでも「英検2級」を武器に受験すると聞いていたので、まあ何とか成るのかな?と思っていましたが結局、英検2級は取れず・・・英語は当教室では指導していないのでどうしようも無く手詰まりと言った感じでした。

算数に関しても、とにかく「英語的思考」がとても強く、考えに「根拠」が無く、本当に厳しい状態でした。

12月に成り、本来聞いていた志望校よりも遙かに高い志望校を選択された上で、面談をさせていただきました。

私の感想から言うと、とても厳しい志望校で問題傾向もよもや向いているとは言いにくい問題でした。

しかし勝算が無い訳ではなく、一つはお父さんの協力が素晴らしく、仕事で忙しい中ご家庭で指導される事をおっしゃって居たのでコレは勝算ありか?と感じました。

もう一つが当教室の国語の先生です。

12月の末にテストした今回合格した同じ学校の過去問でも算数は10点から20点の間、国語も10点台、理科は一桁・・・そんな状態でした。

しかし国語の先生、濱田先生だけは何とかします!とずっと言っていましたが、私はやるだけやるが厳しいな・・と言っていました。

そして1月6日、最後の過去問テストで60点を超えました!と国語の先生からご報告いただき驚きました。

それでもたった一回、60点を超えただけで合格出来るほど中学受験は甘いものではありません。

最後は算数の必殺教材も提供し、お父さんの指導の賭けました。

そして今日、合格の報告をいただきました。

私は正直、無理だと思っていましたが、やはり今回も国語の濱田先生が奇跡を起こしてくれました。

もうコレは驚きしかありません、そして最後の最後までお子さんと併走された「お父さん」にも感服致しました。

私も受験指導を行って結構な経験がありますが、今回の濱田先生の指導は奇跡だと言い切れます。

こんな奇跡を起こせる先生は濱田先生以外にいないと思います。

そして受験に対して100%のご協力をして下さった、お父さんの決断に乾杯です!

私も良い経験を今回はさせていただきました。

恐らく私の受講し人生で二度と経験出来ない「一発逆転ホームラン」を見せていただきました。

濱田先生、そして最後までやり切ったお父さんに脱帽です!

素晴らしい経験をしました、合格おめでとう!

国語力が人生を助け、勉強苦手が人生の足を引っ張る

新年明けましておめでとうございます、本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

今年の冬期講習も残すところあと1日、明日受験生は模試を受けに行き冬期講習の成果を体感する事だと思います。

近年の高校受験の問題は数学の問題であるにも関わらず「算数力」を問われる問題が頻出していて、数学を頑張っても苦労する問題が頻出してきている。

前々から小学校の算数指導に警鐘を鳴らしては来たが、ここに来て小学校の算数指導に疑問を持たざるを得ない。

何故なら、高校受験に算数力を当問題と「中学受験のテクニック」を問う問題がドンドン出てきていると言う事だ。

小学校の算数指導に大きな変化は無いとしても、高校受験の問題に大きな変化が起きていると言う事だ。

特に中学受験の時に使う「時短テクニック」を使う事が頻繁にあり、独学では勉強出来ない状態にあると私は感じています。

しかし、塾費はそんなに安い物では無く、勉強で点数を取ればどんな家庭環境の人でも良い大学へ進学出来ると言う「公平なシステム」だと私は思っていたが、小学校から塾へ行くのが当たり前になると果たして公平か?と疑問に感じてしまう。

算数数学を独学で考え、自分で解読していく楽しさは受験問題の難化という形で消滅しつつある。

対抗策は唯一つしか無い、それは国語力を強化する事だ。

伸びる生徒さんには特徴があり、それは「質問が的を得ている」と言う事だ。

自分なりに問題を解くきっかけを探し、何が自分の中で分からないのかを明確に出来る生徒さんは伸びるのが早く、受験で必要なテクニックも習得するのが早い。

真逆なのが「教え込み」で育ってきた生徒さんで、分からないと思えばもう何も分からなくなり一から十まで説明をしないといけない。

それに加え、説明を丸暗記しないといけないのでなかなか覚えられない・・・だから説明に時間がかかる、それに何度も説明する。

だから成長も自然に遅くなる・・・こういう悪循環に陥る。

しかし、自分で質問を明確に出来る生徒さんは「足りない数字」を出すテクニックに感心するので「印象に残りやすい。

その上自分が出せなかったデーターや数字を出すテクニックや方法論のみを覚えれば良いので、記憶する量も少ないので簡単に覚える事が出来る。

私が中学受験をしたのは今から40年前ですが、多くのテクニックを鮮明に覚えています。

理由は私が当時通っていた塾の先生が「教える事」を余りせず、最低限のヒントを与え自分で気付かせると言うスタイルだった事、もう一つは「明確の質問」しか回答してくれなかったと言う事が大きかったと思います。

そして私が一番覚えているのは中学で学んだ「連立方程式」なのです。

小学校で散々算数のテクニックを学んだ私は数学の問題のほとんどを算数の算術で解き、数学の必要性など感じていなかったのですが連立方程式だけは当時の算術では解けませんでした。

そこで悩みに悩んだ私は学校で解説を聞き感動したのを今でも鮮明に覚えています、感動しました。

そこから数学へ興味を持ったのですが、とにかく自分でなんとか解いてみよう!と四苦八苦したのが「連立方程式」の感動へ繋がったのです。

独学で頑張りすぎると今はテクニックで遅れを取ります、しかし教え込みを行うと必殺の算術もただの知識へと成り下がります。

そこのバランスを上手く取りながら指導していく事が今の算数指導には求められていると思います。

その指導を学校の先生に、まして一人で三十人を一度に指導する状況では不可能だと思います。

それに加え、小学校の先生は「文系」出身の先生であり「数学」を熟知していない先生がほとんどなので、数学で苦労する事は間違いないと思います。

今の受験問題は中学受験に高校受験のテクニックが、高校受験に中学受験のテクニックが出題されるケースが増加しています。

中学受験の問題で「連立方程式もどき」「相似を利用した図形問題」「3:4:5の直角三角形の比を利用する問題」・・・こんなものは絶対小学校では指導されず、塾で専門家に指導してもらわないと対応出来ません。

だからといって、早くから公文や学研に通っても、家でチャレンジをやってもあまり効果は無いと思います。

必要なのは「言語化」の練習です!

言語化が出来れば要領の良い学習法を身に付け、いつから塾へ通っても急成長する「土台」が出来るのです。

そのためには子どもと居るときだけスマホの電源を切り、一日の学校の出来事をゆっくり聞いてあげて下さい。

そして「その時どう思ったの?」「どうしたかったの?」「何故そう思ったの?」と詳しく聞き言語化の練習をさせて下さい。

そうすれば、勉強で苦労する事はなくなります!

しかし、公文に行こうと、学研に行こうと、進学塾へ通おうと「一時的に勉強が得意」になるだけで、本当の能力など成長しません。

家庭の会話で言語化の練習が出来れば、勉強などいつから初めても間に合うのです。

今年はご家庭の会話を増やし、何故?どうして?と理由を聞いて言語化をドンドンさせて下さい。

そうすれば必ず勉強で苦労する事はなくなります。

何故私がここまで勉強で苦労させたくないか?答えは勉強で自尊心を傷つけられている「金の卵」が大量にいるからです。

多くの才能を秘め、もの凄い可能性があるにも関わらず「学生時代の勉強」で負けグセを付けられた才能のかけらを散々見てきました。

良い物を持っているのに開花しにくい人の共通点は「勉強が苦手」だと思い込んでいる人なのです。

そんな人を一人でも減らしたい!

それをテーマに2024年は頑張ろうと思っています。
プロフィール

KAZ・FUJITA

Author:KAZ・FUJITA
学習教室を運営して約20年、教育の仕事に関わりすでに約30年。日本の教育は間違っていると感じ正しい教育とは何かを考え続けここまで来ました。私自身の経験から「社会で活躍出来る人間とは何か?賢いとはどう言うことか?世界の教育の今、何を求めているのか?そんな事を考え子供達の指導をしています。私の考えをココに書いておきます。私はウソは大嫌いです、何でも本音で書きますので気分を害される方は読まないで下さい。
尊敬する人物は「坂本龍馬」と「諸葛亮孔明」
座右の銘は「因果応報」
教師とは職業ではなく生き様である、が信条です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR