fc2ブログ

今年の受験も全日程を終了、無事に終わりました。

今年の受験も無事終了し、ほっと一息ついています。

今日税務署にも確定申告行き、今年度もいよいよ終了となりました。

ただ、塾は今一番新規生徒の獲得に動かないと行けない時期で、来年度の始まりでもあります。

毎年思う事ですが、受験は本人が強くならないと「試練」を乗り越えられず、妥協の選択をする事になります。

しかし、多くの生徒さんは現状と感情を訴え、甘えの選択を繰り返し受験で苦労する結果になるのです。

多くの塾では「人間教育」を諦めてしまい、点数だけに特化した教え込みを行っております。

余裕のある受験準備期間に面白おかしく、懇切丁寧に教え込みをしているから寸前の追い込みの時に講師に「依存」してしまい成績が思うように上がって来ないという現象が起きます。

勉強に対して「自立」が出来ていない事が「致命傷になる」と言う事は受験寸前にならないと分らないものですが、分ったときにはもう遅いのです。

だからこそ、普段の勉強から「自立」を意識した指導が重要なのです。

受験前になれば意識は高まり、勉強時間も増えてきます。

これは当たり前の現象ですが、そこまでに自立した学習に慣れていないため「何をして良いか分らない」とか「効率の悪い勉強法」にはまってしまい苦しむ事になります。

受験までにしておかなければならない事は「自立した勉強」に慣れておく事なのです。

これさえ出来ていれば、高校受験はどうとでもなります。

しかし、「自立した勉強法」に慣れていなければ、高い得点を取っていても意味はなくなるのです。

丁寧に教えてもらい、優しく指導してもらえれば試験範囲の狭い定期テストでは得点を取る事が出来ますが、受験ではそんなやり方は通用しません。

私の知る多くの塾は親切な指導や事前の教え込みを行い、評判が良いと聞きますが受験結果は散々たるもので「意味があったのか?」と聞きたくなる結果を平気で出しているのが現状です。

受験結果を無視すれば、私も優しく丁寧に指導する選択もあると思います。

しかし、丁寧に優しく教え込んで勉強が出来るようになったと「錯覚」させても、受験で現実を知ってしまえば傷つくのは生徒さんだと私は思っています。

人間は緊張感の中でしか成長はしませんし、キツい負荷がかかったトレーニングが一番成長するのです。

学生生活の間にそういう経験をしておくことが「義務教育」の本質だと思いますし、社会人になる為の一番の訓練だと私は思います。

しかし、多く塾が「商売」に走り、「教育業」から「サービス業」へ転化していまっている現実に呆れかえっています。

しかし、子供達は「楽」な方向へ流れるものですし、「努力」からは逃げたくなるのです。

それを『努力」する方向へ促すのが、大人の仕事だと私は思います。

私は子供達にいつも言っています、「努力」と「我慢」の違いを知っておいて欲しい。

努力は自ら進んで行う事で、我慢は人から与えられて行うものだと。

努力は実り、終りを迎える。

しかし、我慢に終りも無ければ、実りも無いと。

勉強を我慢の延長でしている生徒さんがほとんどで、努力している生徒さんは「要領良く得点を取っている」と思います。

勉強は好きになる以外攻略法は無いのです。

好きになるには自ら進んで取り組む事なのです。

自ら進んで行うためには「逃げられない」という実感を持たせる事が一番の近道なのです。

行きたくない、やりたくない、休みたいと言う生徒さんは、その意見が「採用」される可能性があるから言うのです。

子供達が勉強を好きになるには、まず押しつけない!

次に逃がさない!この二つが出来れば、実は勉強はあっさり攻略出来るのですが、意外と皆さんご存じ無いのです。

私は子供達の言い訳や「逃げ」を許さない指導をしているだけですが、成果は抜群です!
スポンサーサイト



プロフィール

KAZ・FUJITA

Author:KAZ・FUJITA
学習教室を運営して15年、教育の仕事に関わり20年以上たった今、思うこと分かった事をドンドン書いていきます。私の意見にウソ偽りはありません。腐ったこの教育業界を私の手で少しでも変化させるべく情報を発信し続けます。
尊敬する人物は「坂本竜馬」、座右の銘は「因果応報」です。
勉強は大嫌い、でも絶対役に立つというスタンスで学習教室を運営しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR