それでいいのか?学校教育!

最近で一番驚いたニュースは今の小学校5年生がめちゃめちゃ適当に「割合」を教えられそうになっている事・・・

去年も中1の生徒さん達が方程式を凄く適当に学校で教えられたと聞き驚いた・・・

最近は伊丹だけでなくいろんな地域で「割合」を理解できてない生徒が急増しているらしい。

算数の場合、割合を理解せずに6年生になた時「公式の暗記」以外問題を解く方法が無く、算数は苦痛以外の何物でもなくなる・・・

そして「割合」を理解できてない生徒さんが多く進学してくる中学校では「方程式」を教えることは難しい。

割合は今までの算数の集大成と言える。

割合を使い答えを出す問題こそ、とことん考えて答えを出した時の爽快感は病みつきになる。

この快感を知っているだけで、数学は全く別の教科に感じる。

算数・数学は修業期間が長い・・・以前HPにも書いていましたが4年生までの算数で爽快感のある問題など、ごくわずか・・・割合を過ぎたくらいから本当に算数の爽快感を味わえる。

しかしそこに到達するまでに大半の生徒さんが脱落していく。

割合は算数において基本中の基本。

4年生までの算数は正直非常に退屈な内容が多いのですが、そこをちゃんと理解できていれば割合は簡単に理解できます。

そして割合を理解できていれば「方程式」は簡単です。

4年生までの問題を惰性でこなし、内容を理解していないので割合がわからない・・・割合がわからないから6年生の算数はほとんど暗記と数字を組み合わせるだけの計算で解く・・・そして中学で「方程式」を理解できない。

このバットサイクルがいつまで続くのか?学校はもう少し対応を考えないと、塾に行くしか基礎学力を付けれなくなる・・・
スポンサーサイト

受験寸前は学力より戦略です!

私立高校受験の結果を見て思う事・・・受験の本質を理解していただきたい!

何のために試験があるのか?

もちろん最低限の学力を持ってないと、入学してから困るから・・・もちろんそれもあります。

一番は本当に入学したいと意思を持っているのか?ここだと思います。

多くの進学塾は学力を上げる事よりも、点数を効率的に取る「テクニック」を伝授してくれます。

成績が上がると感じているのは、この「テクニック」を上手く活用出来ている子です。

しかし、受験の本質はそこにありません・・・与えられた問題で合格点以上の得点を取れかどうか?私立高校はここが勝負の分かれ目です。

試験一か月前と半年前と勉強の内容がガラッと変わっていないと、合格に向かって一直線とは言えません。

進学塾に通っている生徒さんを見ていると、試験前に量が増えているだけで得点を合格ラインに届かせる「戦略」が圧倒的にかけていると感じます。

過去問を解くのは、現状から何点足りないか?を図るためのものであり、得点を整える戦術とパックで考えないといけません。

合格点が5教科で380点なら、381点取れば合格、379点なら不合格・・・この2点差は大きいですよ!

自分の今の現在地を正確に把握出来ればラスト一週間で2点あげることは簡単ですし、一カ月あれば20点はあげられます。

問題は自分の学力を正確に把握してくれている先生がきちっと戦略を立ててくれているかどうかだと思います。

目標・期限・戦略がそろって初めて「努力」は生きると私は考えています!

受験生、まずは私立高校合格おめでとう!!

今回は奥さんが小学校から英語を教えてきた生徒さんが受験する。

うちの奥さんは英語教育にかけては本当に凄いと思う。

しかし、受験に関しては僕の方が得意分野だと思う。

今回私立高校を受験した生徒さんは中学生になってから僕が数学を教えた生徒さんで、本当に良く頑張ったと思います。

今回受験した高校は試験問題が非常に難しい高校で、きっちりと基礎を理解できてないと解けない問題ばかりでしたが、日ごろの努力が実を結びました。

本人の希望は公立高校なので、ここからもうひと頑張りですがひとまず安心しました。

合格おめでとう!!
プロフィール

KAZ1117

Author:KAZ1117
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR