早朝学習の効果

最近のお子さんは色々習い事をしている子が多くて、なかなか塾の時間が合わない生徒さんも出てきました。
そこで、一番便利だと思うのは朝学。
朝少し早起きするだけで、ちゃんと学校の勉強の復習をこなせるし、効率も良い。

特にスポーツをしている子にお勧めで、夕方にわざわざ時間を作らなくてもちゃんと学力も付く。
私の息子も野球をしていますが、平日練習のあるチームに居る時は大変でした・・・
あの時に朝学に切り替えていれば、もっとちゃんと文武両道を実践出来たのでは?と思っています。

是非、習い事や平日練習で忙しいお子様に朝学をお勧めします。
基礎固めを無理なく、効率的にやりましょう!
スポンサーサイト

考える力について考える。

最近、考える力がなくなってきているように感じる事が多い。
特に、生徒さんは「わからない」と質問するので、目の前で問題を読むと「わかった!」と言って帰っていく。
何がわからなかったのか?
考えられる理由は二つある。

1つは難しい問題を解く時に、必要になればすぐヒントをくれる人を置いて考えたいと言う甘え。
これは保護者の方が宿題や家庭学習を家でする際にいつもそばで勉強を見てあげてきた子に多くみられます。
人はわからない事があれば答えを知りたい!と思うものです。
でも、考えずしてその答えが知る事が出来ればそれで良いんです。
少し、わからない事を悩ませることも重要だと思います。
あまりそばで教え過ぎると、簡単に「わからない」とか「習ってない」とか言って考える事を放棄する癖がつきます。

もう1つは、頭が疲れている事が原因です。
複雑な情報をなんとか整理しようとするのですが、整理する前に頭が疲れてしまい思考停止してしまいます。
これの対処法は二つ。
1つは頭を使い続ける練習をすることです。
これは100マス計算で簡単に出来ます。
もう1つは情報を紙に整理し、頭を無駄に疲れさせない方法を使う事です。
メモは何のために書くのか?
それは「忘れるため」です。
今の情報を一度紙に書く事で違う情報整理に頭を使う事が出来ます。
これをすることで、頭の中をクリアにして脳をする活用できます。

これらの勉強のコツは小学生で身につけておくと、中学での勉強をスムーズに進める事が出来ます。
考える力とは「頭の良し悪し」もありますが、「脳を疲れさせないテクニック」も重要になります。
プロフィール

KAZ1117

Author:KAZ1117
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR