FC2ブログ

今日のスッキリ!来た来た!究極のテーブルゲーム!

A YUMMY STUDY 伸学土台教室では、開業当初からボードゲームを推奨しております。

その中には日本一決定戦まで行われる「アルゴ」などは、塾として推奨している所も多くあります。

その他に世界大会も行われる「カタン」などは有名なゲームです、他にもたくさん楽しいボードゲームがあります。

クルードというゲームは世界大会も行われますし、かなりの頭の回転を必要とします。

アルゴ、クルードの素晴らしい所は「消去法」の凄さを実感させてくれる所です。

コレはテストで一番使える能力と言えると思います。

カタンと言うゲームの面白い所は「会話と駆け引き」が勝負を決める所です。

どのボードゲームも面白い上に、会話力・思考力・駆け引き・推測力、そしてツボをつかむ速さを要求されます。

だから、ボードゲームの上手な子は「賢い子」とイコールなのです。

皆さんは誰もが認める「究極のボードゲーム」をご存じですか?

誰に効いてもNo.1はコレだ!と言うのが「麻雀」です。

面白さ、思考力、駆け引き、コツ、何もかも全て麻雀が最高峰と言えるでしょう。

特に私が麻雀をお勧めする理由は「流れに乗る」を体感出来る事なのです。

私は割と仕事で結果を出してきた方だと思うのですが、どちらかというとどんくさい方で上司に可愛がられるタイプではありませんでした。

しかし、麻雀で体験した「流れに乗る」と言う事が得意だったのです。

簡単に言うと、言い流の時に一気にたたみかける事が得意だったのです。

麻雀は会話も大切な要素の一つですし、消去法を使わないと勝てないゲームなのです。

今日、スッキリで麻雀教室に通う小学生が激増していると報道していましたが当たり前のことだと思います。

麻雀はネットやTVゲーム、スマホで楽しむ事も出来ますが、一番はやはり人と卓を囲みわいわいと話しながらやることです。

人と卓を囲もうと思えば、予定が合わないと出来ませんし、賢くなる事間違い無しのゲームです。

皆さんも騙されたと思って麻雀をしてみて下さい。

予想以上に面白いですよ!

私も麻雀に身を助けられたことが何回あったか分りません。

ご希望の方は当教室で教える事も出来ますので、お気軽にお問い合わせ下さい。
スポンサーサイト



いい加減にしろ、偽教育業!

教育は考え方によって正解不正解が変わると私は思っています。

多くの方が「バランス」を重んじておられるのではないかと思っております。

つまり、勉強だけ出来るのではなく運動や友人関係、学校行事などにも積極的に参加し学生生活を謳歌した上で学力もそこそこにほしい・・・そんな方が多いのではないでしょうか?

勉強だけできれば後はどうでもいい・・・そんな考えの方は聞いたことがありません。

しかしながら、結局は何もかも犠牲にして手に入れる学力を選択する「学習塾」を選択してしまうのです。

なぜなのか?答えは「今の受験界の現実を知らない!」つまり、騙されている事が一番の原因です。

特に私が塾を営む伊丹市・尼崎市・川西市・宝塚市のエリアでは「東京大学」へ進学を志している人はほとんどいません。

しかし、東京大学を目指している生徒のように勉強させる塾へ通わせる人が多いことにびっくりしています。

身の丈に合った大学へ行くというのは、とても重要なことで「勉強外の物を犠牲にして手に入れた学力」は本当にやくっだつのでしょうか?

その子の「天賦の才」というものがあり、学校生活も謳歌し適正量の勉強で入学できる学校へ入学すべきなのです。

私は小学校から狂ったように計算問題をやらせる有名学習塾も、だれかれ構わず中学受験を推奨するK塾も、アホみたいに高い授業料を取る進学塾も本当に必要ですか???と聞きたいのです。

本当にアホみたいという表現がピッタリなほど授業料を取り、量をやらせ、アホみたいに塾で長時間勉強させるのです。

はっきり言いますが、そこまでやらないと入れない学校には入るべきではない。

勉強はあくまで「良い人間」になるためにあり「賢くなる」ために頑張るのです。

塾の講師の言うことを一生懸命覚えて、早い年齢から異常な努力をし学力をつけるからその後伸びないのです。

もちろん、そのやり方で伸びる子もいますがあくまで少数派で、ほとんどの子がつぶれていく事を塾の講師も受験を終えた父兄もみんな知っています。

どうすればいいのか・確かに今の社会を考えると勉強をおろそかにするのは勇気がいります。

しかし、勉強だけできてもしょうがないとわかっているのに、不健全な勉強法を推進する塾を選択する父兄が異常に多い今の状況は異常です。

私は小中学生は「学習能力を鍛える」べきであって、学力は二の次だと思っています。

誰もが伸びる塾や教え方など無いのです、あるとすればすべてを犠牲にし「能力」を必要としない公式とテクニックの暗記です。

だから「勉強のできるバカ」が横行する時代になってしまったのです、高学歴ニートって心からおかしいと思います。

ではどうするべきなのか?学習能力そのものを変えてしまうのです!!

勉強は教える側の能力よりも、教わる側の能力が重要なのです。

簡単に言うと「誰もが伸びる塾」など存在しませんが「どこでやっても伸びる子」は居るのです。

進学塾には「どこでやっても伸びる子」が多く集まるシステムを持っているだけで、教育やカリキュラムが優秀な訳ではありません。

進学塾へ行けば「できるようになる」と勘違いしている方が非常に多く、進学塾には優秀な子が通っているだけで結果は大きく変わりません。

しかし、それでは塾へ通う意味がありません・・・だから私は塾経営に打って出るときに「その子の能力そのものを変える塾」を作ると決めたのです。

学力よりも学習能力を!知識よりも知恵を!賢さよりも強さを鍛える教室を作りました。

私たちが子供達に関われるのは、18歳までです。

確かに、卒業後アルバイトに来てくれる生徒さんも居て、その子たちとはもう少し長く関わることが出来ますがそれでも大学卒業後は関わることはできません。

社会で活躍できる能力、例えば初めてやる事に飛び込む勇気、教わった事を習得する速さ、諸先輩方に可愛がっていただく人間性、気持ちのいい挨拶・礼儀・姿勢。

そういったものを勉強を通じて教える事を目的とした塾なのです。

勉強ができても、勇気や速さ、人間性などは身に付きません。

しかし、勇気・速さ・人間性・挨拶・礼儀・姿勢があれば勉強は簡単にできるようになるのです、しかもバランスよく。

能力そのものを向上させる、この方法以外「正しい教育法」は無いのです!

がりがり勉強させて合格させる・・・もう古い!個別指導ももう古い!

今は子供の能力そのものを向上させるプログラムを有するA YUMMY STUDY 伸学土台教室が最先端だと私は断言します。

卒業生たちが実績で証明してくれていますし、賢い子たちも続々と育っています。

教育とは「人間つくり」であり「学力指導」ではありません!

学校も塾も学習教室もみんな勘違いしています!

だからA YUMMY STUDY 伸学土台教室がやるしかないのです!

賢い人は情報を正しく精査する力を持っていると思います。

昔の人は「タダ程怖い物はない」と言いましたが、最近はタダのものがたくさんあります。

私はタダの物を見るとつい仕組みが知りたくなり、調べてしまう習性があります。

例えば、着物の着付け教室・・・私の姉は母が着物を着ることが多い人だったので、その着物を着たいと思っていたようで無料の着付け教室に通い結局最終日に必要も無い高額の着物を契約して帰ってきました。

以前にも書きましたが、夏期講習を無料で行っている学習塾に通う人は自分たちが無料の夏期講習題を負担している事に気付いているのか?とついつい考えてしまいます。

無料で行われている塾の模試も同じで、模試は当然学校や他の塾とは違う順序で授業が行われており、その塾で決められた基準で問題を作成しているので悪い結果が出る事がほとんどなのです。

そして、塾はその模試結果を元に「得意の霊感商法」で入塾を勧めてくるのです。

その作戦にまんまと引っかかる保護者の多い事に毎年驚かされます。

そして、無料の模試を受け、当てにならない結果を元に入塾を決め、今度は無料の模試代を負担する側に回るのです・・・

前々から言っていますが「塾業界の教材費・授業料は高すぎ」だと思います。

おそらく、少人数指導や個別指導でも当教室くらいの料金が適正だと思います。

異常に安い塾もありますが、正直内容に疑問がありますし講師の質が問題なのです。

TVでCMをガンガンやっている、無料の模試や講習を行っている教室は授業料や教材費にその経費が上乗せされている事は間違いありません。

無料でも実施するというのは、取り込む自信があるから開催するのであってあくまでビジネスモデルの一部だと言う事を忘れていただきたくないと思います。

私は前々から塾業界は「基本高すぎる」の意見は間違っていないと思っています。

今は色んな意味で賢く無いと「騙される時代」だと私は思っています。

前から警鐘を鳴らしていますが「パターン学習」を中心にしている受験は限界が来ています。

これからは「真の国語力」と基本理解の深さが問われる時代にドンドン変換していきます。

その時に今の塾のシステムで指導する事は不可能だと思います。

何故なら塾の先生自体がペラペラの学力しか持っていないからです。

上辺ではなく、骨太の教育を受けた真の教育者が指導する塾、そんな塾が求められる時代はもうすぐそこに来ていると私は信じています。

A YUMMY STUDY 伸学土台教室は勉強という枠の中で「骨太の教育」を指導出来る数少ない教室だと自負しています。

実は昔から「地頭の良い子」は勉強には困っていませんし、受験内容の変化にも簡単に対応出来るのです。

今の塾は「ペラペラの学力」を伸ばす事は得意ですが、「地頭をよくする方法」をおそらく分っていないと思います。

どんな時代でも対応し、活躍出来る人間を創る事にこだわり当教室は十数年やってきました。

手厳しい事を言いますが、事実なのです・・・

私が生徒さん達にいつも言っている事なのですが、自分を成長させる為に必要な物の一つに「自覚」という物があります。

前にも書きましたが、勉強が苦手と言うのは何かがおかしいのです。

勉強に特別な才能はいりません!このことを話しすると先天的に出来ない事を抱える子はどうなるのだ!と言う人が居ますが、答えは専門家に相談して下さい。

ただ、特性を抱えていない子は居ませんし、学校授業について行けないほどの強い特性を先天的に抱えている子もほとんど居ません!

だから、大半の子は普通にやれば絶対出来るのです!この大前提に立たないと、勉強は指導出来ません。

つまり、多くの勉強苦手な子は「普通」ではないのです。

何が普通ではないのか?ここで核心を突きますが、自己評価と実質評価が乖離している場合がほとんどです。

私の持論として、勉強は人と比べる物ではありませんし自分のペースで進める事が重要だと考えています。

しかし、周りと比べて余りに色んな事を分かっていないのに出来る子の勉強法をしている生徒さんが多く見受けられます。

勉強にはやり方があり、そのやり方はレベルによって大きく変わるのです。

簡単に言うと5教科で300点以下の生徒さんと400以上の生徒さんの勉強法は全く違う事をまず知って下さい!

もちろん学校側としてそんな事は堂々と言えませんから、大体はどこかの得点帯に合わせて勉強法を伝えていますが、合っていない事が多いのです。

保護者の方の意見で多いのが「自分はこうして勉強したから、子供にも同じようにさせているのに全然出来ない」というのです。

こういう意見を言う保護者の多くがお子さんと得点帯が違うのです。

だから勉強法も違うのに、自分の方法でさせようとするのです。

当然、伸びません。

一番怖いのは逆の場合です・・・お子さんが優秀な成績を収めているからもっと上を目指して欲しいと考え、自分の勉強法をアドバイスし実戦させるのです。

当然成績は下がってきます、勉強法がズレているから当然なのです。

これが私がよく言う、トンビが鷹を生むがトンビっぽい鷹に育ってしまう理由です。

野球をした人なら分かると思うのですが、4番バッターに8番バッターが的確なアドバイスをもらう事はむずかしいのです。

自分の今の状態正確に理解させる事がとても重要で、ここを見誤ると努力が徒労に終わるケースがとても多いと思います。

タイプや状況によって違いますが、ざっくり言うと中学生は定期テストで300点に届いていない子はまず圧倒的に「量」が足りない。

それ以外無いと思っていただいて良いと思います。

言ってもやらない・・・それをどうやる気を起こさせるか?これが保護者の方の腕の見せ所です。

300以上は取っているがそこから伸びきらない・・・この生徒さんが一番要注意です!

400点超えまで一気に行く事をお勧めしますが、何が足りないのか?これは二つのパターンに分かれます。

一つは塾に行っていない場合、基礎しか知らない事が原因です、応用問題や問題を早く解くテクニックを知らないのです、この場合は塾に通い始めることをお勧めします。

おそらくすぐに成果が現れるはずです。

もう一つは塾にずっと通っている場合は、学校授業を疎かにしています。

これが一番怖いパターンで最も多いパターンです、実は塾の先生やもしくは家で教えている父兄さんの「説明がわかりやすすぎる」これが原因なのです。

分かりやすい説明は慣れば誰でも出来るのです、そこに実は価値はありません。

分かりやすい説明を聞きたければ映像配信の塾がお勧めです、しかしそこでみんな成績が上がるかと言われればそうでも無いのです。

分かりやすい説明は諸刃の剣であり、学校授業を聞かなくなる場合が多いのです。

特徴は理科・社会の得点が以上に低く、数学・英語の得点が高い事です。

これは塾依存型と言い早急に改善が必要ですが、残念ながら塾側が気付いていない事が多いのでなかなか改善しません。

400点から上の勉強法は要領が一番です!この先も引き続き量で勝負すると必ずどこかで限界を感じてしまい勉強を根本的に楽しむ事は出来ません。

大事なのは300点以下の生徒さんはやっていない!この一点だと言う事です。

そして一番の問題はやっていないという「自覚」が無いのです。

まずは自分が今どう言う状態なのか?これを正確に知る事がとても重要です。

今、国語部門で行っている素読という授業で「孫子の兵法」をやっていますが、その一節にも書いてあります。

彼を知りて、己をしれば100戦して危うからず
彼を知らずして、己を知れば一勝一敗す
彼を知らずして、己を知らざれば戦う毎に必ず危うし

定期試験、入試、スポーツも同じです、相手の事つまり試験の内容や対戦相手の事、ライバルのことや合格点などは指導者が教えてくれるのです。

しかしなぜ上手く行かないか?己を知らないからです!

自分を冷静に評価する力を身に付けさせる事、そして自分の評価を正しく為てくれる指導者の言葉に耳を傾けるべきなのです。

もう二度と騙されない!!外人は懲り懲り・・・

今回SNSで英会話講師を募集しました。

するとめちゃめちゃ多くの外国人が応募してきて、対応に困りました。

まず、我々は日本人講師を募集したいと考えているのに、すぐに外人が応募してくるのです・・・そして時給を900円~1800円と書くと、外人さんは必ず自分はマックス時給1800円がもらえ得るものだと勘違いしています。

これは今までの英会話教室が外国人を重宝してきた結果だと思いますが、A YUMMY STUDY 伸学土台教室ではありえません!

まずBBカードの全センテンスを暗記してもらい、その上でゲームを覚えてもらい、教えず考えさせると言う声かけを学んでもらいます。

そして日本人が日常日本語で生活している中で、どのようにすれば英語が習得しやすいかを徹底的に考えてレッスンをしてもらいます。

それが、英語が話せると言う理由だけで、何故マックス時給がもらえると考えるのか?

答えは他の英会話教室のカリキュラムが適当極まりないからに違いありません。

今まで面接してきたどの外国人も、英会話のレッスンについて、経験と知識をアピールしてきますが実際子供がそのやり方で英語を習得するか?という部分は全然考えられておりません。

英語が話せるから、英語を教えることが出来ると勘違いしている外人以外見たことがありません。

逆の立場で考えた場合、我々は日本語を話せますが外国人に講師として指導出来ると思いますか?

私は無理だと思います。

しかし、多くの外国人が出来ると言い切りますし、レッスンをさせてみても「子供だまし」のゲームをいくつか出来るだけなのです。

そして驚くべき事に、そんな外国人が教えている英会話教室が、高額の月謝を取り運営されている事に心から驚かされます。

今回、外国人は懲り懲りだと思った私でも「雇っても良いかな?」と迷う人が現れました。

その人はハングリーに学ぶ姿勢をアピールして来ましたし、仕事を覚えるという感覚を持っていたので一度雇って見ても良いかなと迷いました。

そしてそこから、いつになったら時給が上がるのか?私は生活していかないとダメだから分かって欲しいだの、いつからクラスを持たせてもらえるのか?クラスを持った場合いくら時給をくれるのか?次々に自分の待遇と給料の話ばかり交渉してくるので結局クビにしました。

根本的に日本人と「労働」に対する考え方が違うと思います。

とにかく貪欲で交渉を次々としてくるのですが、私が親ならそんな先生に子供の英語指導をして欲しいとは思いません。

自分が一番であって、会社や組織、生徒は二の次なのです。

それが悪いとは思いません、しかし今日本は労働力不足で外国人労働者を受け入れざるを得ません。

そうなったときに、今子供達が外国人労働者を使いこなせるか、もっと言えば外国人労働者と互角に戦えるか・・・とても不安です。

外国人労働者が持つハングリーさと貪欲さは日本人には無い物です。

私は学習教室で多くの子供を見ておりますが、みんな貪欲やハングリーとはかけ離れた生徒さんばっかりです。

声が小さく、自分の意見が無く、周りに流されてばかりで失敗を恐れる・・・謙虚と卑屈をはき違えた自己評価も気になります。

彼ら中国や韓国、フィリピンやベトナム、中東諸国の労働者と仕事を奪い合う時代が来るのです・・・私は日本は外国人に取って楽園だと思います。

日本人が正しく、強く、賢くなる為には「教育」しか無いのです!

その教育業界に外国人労働者が入り込み、好き勝手しているのが英会話業界なのです。

A YUMMY STUDY 伸学土台教室は日本人が日本人らしく英語を学べる数少ない教室だと自負しております。

英語を学ぶ事は重要ですが、日本人らしさを失って欲しくありません。

以前も書きましたが、指導者の影響を少なからず受けて子供達は育っていきます。

私は英語を学んで欲しいと思いますが、外国人の「感覚」は好きになれません。

プロフィール

KAZ

Author:KAZ
学習教室を10年以上運営し、解った事と訴えたい事を遠慮なく書かせていただきます。あくまで私見ですので、気分を害される方は見ない事をお勧めします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR